FB / TW / IG

2019/10/30 wed. – 31 thu. Sam Gendel × Carlos Niño Live


世界各地からワールドプレミアなアーティストが集結するFESTIVAL de FRUEに伴い、ロサンゼルスの音楽家、Sam GendelとCarlos Niñoが来日。短い滞在期間の中、高知と奈良でプレミアムなライブを行います。

ジャズギターをベースにポップさを装うを振りをしながら、心憎い実験的な試みが随所に見られ何度も聴き込んでしまう、そんな魅力的な音楽としてsonihouseが名盤を選んでお届けするサービス「SEASONS」でも取り挙げたSam Gendel。
奈良公演は贅沢な2Daysとなっております。この貴重な機会をお見逃しなく!

Sam Gendel / サム・ゲンデル
LAをベースに活躍する、先進的な作曲家、ギタリスト、サックス奏者、サム・ゲンデル。11歳のときに50ドルで購入したサクソフォンで音楽をはじめ、シーンには先進的ジャズトリオ「INGA」 のリーダーとして2015年の1stアルバムやローランド・カークの『Volunteered Slavery』を取り上げた演奏などでその名が知られるようになる。
2017年からは個人名義を名乗りギターをメインにヴォーカルやラップなども織り交ぜたファースト・アルバム『4444』と路上演奏の即興によるパフォーマンスを収めた『Double Expression』、2018年リズムループとサックスの音響で構築された幻想的なアブストラクト作『Pass If Music』と全く異なる趣のアルバムを次々を発表している。最新作は数年前に来日を果たしたLAのジャズ・コレクティブKnowerで同門だったSam Wilkesとの野心的なデュオ作『Theem and Variations』。
昨年FRUEフェスに出演したファビアーノ・ド・ナシメントとの共演、独自の音楽性で知られるマルチ奏者でソングライターのサム・アミドンの作品への参加、カリフォルニア出身のソングライター、モージズ・サムニーのバンドメンバーなど旺盛という表現が相応しい音楽ジャンルや演奏スタイルなどの垣根を越えた参加作や映像などからもその気鋭ぶりを伺い知ることができるだろう。(Text by Hideki Hayasaka)
https://open.spotify.com/artist/3luuQQRuSBuDNnrkYvatnk




***

Carlos Niño / カルロス・ニーニョ
LA在住のプロデューサー/作曲家/編曲家パーカッショニスト/DJ。過去にはファラオ・サンダースやユセフ・ラティーフ~フライング・ロータスまで出演し、ヒップホップ~ジャズ~ソウル~エレクトロニカなどをフュージョンさせ、1995年から20年にも渡り放送が続いた西海岸で最も影響力ラジオ・ショウ〈Spaceways〉のホストとして様々な音楽シーンの発展に寄与してきた偉大な指導者としてアーティストから絶大なる支持を集めている。数多くのソロ作品やコラボレーション・プロジェクトの他、スピリチュアル・ジャズ界の大御所ドゥワイト・トリブルが参加したことで知名度を高めたビルド・アン・アークとしての活動も有名。
https://open.spotify.com/artist/55Ox89YvyME4t8bYTIJsRu

***
Sam Gendel × Carlos Niño Live<奈良>
2019年10月30日(水)18:30 開場 / 19:00 開演
2019年10月31日(木)13:30 開場 / 14:00 開演

– 出 演 –
Sam Gendel / サム・ゲンデル
Carlos Niño / カルロス・ニーニョ

– 料 金 –
予約:¥3,500(ウェルカムドリンクつき)
当日:¥4,000(ウェルカムドリンクつき)
*高校生以下¥1,500

– 予 約 –
ご予約:「Sam×Carlos予約」をタイトルに「参加希望日・お名前・人数・電話番号」を記載の上、info@sonihouse.netまでご連絡ください。

*ご予約申し込みメール受信後、数日以内に受付確認のメールをお送りいたします。
*申し込みは先着順。予定枚数に達し次第受付終了とさせていただきます。
*料金は当日受付にて現金でのお支払いになります。

recent posts

Pagetop