FB / TW / IG

2014/8/30 音のある芸術祭2014「アートキャンプあみの」evala、鈴木昭男、sonihouseによるサウンドパフォーマンス@[京丹後市]守源旅館

現代音楽家・鈴木昭男を中心に国内外で活躍するアーティストと香港の若手アーティストがフィールドミュージアムを展開する「音のある芸術祭」。sonihouseはevalaさん、鈴木昭男さんとともに滞在制作およびパフォーマンスをします。


例年は香港で開催されている「音のある芸術祭」。
第三回目を迎える今回は、京都と香港の二か所での開催となります。
京都では「アートキャンプあみの」と題し、京丹後市網野町周辺の音と空間を探索する三日間にわたるキャンプ。
アーティストは直前より滞在制作を行い、キャンプ期間中に展覧会・パフォーマンス・ワークショップを行います。
sonihouseは鈴木昭男さん、evaleさんとともに滞在制作に参加し、
8/30(土)のサウンドパフォーマンスで音響を担当いたします。
サウンド・アートの先駆者的存在として、
1960年代初頭より「聴く」ことを主体とした制作態度によって国際的に活動する鈴木昭男さん。
そして先鋭的な電子音楽作品の発表および上演,また公共空間,舞台,映画,広告メディアなどで
立体音響システムや先端テクノロジーを用いた多彩なサウンド・デザインを行なうevalaさん。
お二人のコラボレーションは
2102年に山口情報芸術センター[YCAM]で行われた
sound tectonics #11「鈴木昭男; Studies in Sonority and Space」にはじまり、
2013年~現在、ICCのオープンスペースで展示中の《大きな耳をもったキツネ》に引き続き、注目の第三弾となります。
今回の開催がなぜ京丹後市網野町かというと。。。

鈴木昭男さんの代表作のひとつに、終日、一所に留まって自然の音に耳を澄まし続けるという異色のプロジェクト
「日向ぼっこの空間」というものがあります。
この計画は当初、オーストラリアの平原で実現を探ったのですが、資金難から断念。
日本列島で子午線の最北端である京都府網野町を訪れたのが、翌87年春。
網野町は繊維不況でちりめん産業が苦しい状況にあり、子午線で町おこしを探り始めた時期であり、
町の方と連絡を取り合ううち、地元の織元が土地を融通してくれることに。
家まで貸してくれる話も決まり、思い切って鈴木さんは東京から仲間ともども移住。
自然の音を聴くための「場」を造り始め、それから27年、鈴木昭男さんはここ京丹後市を拠点に活動されています。
そしてなんとevalaさんも京丹後市の出身。
evalaさんが小学生のとき、鈴木さんがそんないきさつで丹後にやってこられました。
それまでピアノを習っていたりギターを始めたりしていた当時12歳のevalaさんは、
両親に連れられて行った鈴木さんのコンサートで、音楽と呼んでいいのかどうか分からないけど、
ただただ耳が研ぎすまされていくような奇妙な音体験だけは鮮明に覚えているとのこと。
26年後に、この地でコラボレーションするとは思ってもみなかったことでしょう。
先日、私たちはevalaさんとともに会場の下見もかねて網野町を訪れ、
鈴木さんに周辺を案内していただきました。
昔ながらの風景が残る、風情のある町並み。
当時のちりめん工場も建ち並ぶ一角に、今回の会場となる守源旅館があります。

この日は地元のお祭りで、町中に万国旗が。
小さな田舎のかくれ宿といわれる守源旅館は、大正末期からの時の流れがしみこんだ趣のある宿です。
こちらの2階にある45畳の大広間が今回の会場です。

ここに12面体スピーカー”scenery”を6台配置し、マルチチャンネルのパフォーマンスとなる予定です。
作品の詳細は未定。数日間の滞在制作で、どんなものができ上がるか私たちも楽しみです!


京都府の北部・北近畿にある網野町は、日本海を望む景勝の地。
夏は綺麗な水・砂浜での海水浴、冬は浜詰・夕日ヶ浦を中心とした松葉がに料理で、丹後半島では一番人気の町です。
この魅力ある地で、すでに「レジェンド」との呼び声も高い国際的サウンドアーティストと
サウンドアートの新たな地平を切り開きつつある二人のコラボレーションは必見です。
是非!
***
●音のある芸術祭2014「アートキャンプあみの」
evala、鈴木昭男、sonihouseによるサウンドパフォーマンス
2014年8月30日(土)
17:30〜19:00  @守源旅館(網野町網野656)
前売:2000円 当日:2500円
***
●丹後の音キャンプ
(展覧会・パフォーマンス・ワークショップ・ガイドツアー)
2014年8月29日–31日
@日本京都府京丹後市網野町
京丹後市網野町周辺の音と空間を探索する
共同キュレーション:
アリス・ウォン/ウォン・チャンホイ(香港)
宮北裕美/鈴木昭男(日本)
集合日時/場所…2014年8月29日午前11時 京都駅
参加費 …ひとり香港ドル1,200元(活動費用、宿泊代、朝食代を含む。京都-京丹後間の電車代は含まれません)
[アーティスト・イン・レジデンス]
> エドウィン・ロー(香港)
> ジョー・チャン(香港)
> ウォン・フォッキュン(香港)
> フィオナ・リー(香港)
> アビー・チャン(香港/ アメリカ)
> シン・リアン(香港)
> 梅田哲也(日本)
> evala & sonihouse(日本)
> 山崎昭典(日本)
> 足立 あゆみ(日本/香港)
「聽在」聲音藝術節2014-音のある芸術祭2014/
http://www.soundpocket.org.hk/v2/uncategorized/around-sound-art-festival-2014-
http://karappo.akiosuzuki.com/amino2014
***

recent posts

Pagetop