FB / TW / IG
journal / store

山口情報芸術センター[YCAM]にsonihouseオリジナル12面体スピーカー〝scenery:02 LIVEversion〟を納入しました。


今回、山口情報芸術センター[YCAM]の「アートと環境の未来・山口 YCAM10周年記念祭」に伴い、
sonihouseオリジナル12面体スピーカー〝scenery:02 LIVEversion〟を14台納入しました。


スピーカーは、YCAM 10周年記念イベントのメイン企画として行われる
坂本龍一+YCAM InterLabによる『Forest Symphony』で使用されます。
また今後YCAMの常設設備として、様々なライブやインスタレーションに活用される予定です。

『Forest Symphony』は、「YCAM10周年記念祭」でのメインテーマ「〈アート〉〈環境〉〈ライフ〉」を
最も体現するもので、アーティスト、エンジニア、研究者、市民コラボレーター、林業関係者、
また世界各地のユーザーなど、多くの参加者、関係者を巻き込んだプロジェクトとして展開します。

プロジェクトでは、樹木の生体電位を計測する機器を開発し、
取得されたデータを集積・解析、 坂本龍一が音楽へと変換、世界各地に存在する森と、
樹々から奏でられる音源をもとに シンフォニーを構想します。
またこの音源は、オープンソースとしても公開されます。

今回〝scenery:02 LIVE version〟を14台使用されています。

会場では、音源を集積されている各地域のマップを元にスピーカーを配置。
1台のスピーカーに対してそれぞれ各地域の樹木の音を出力します。
その土地の地場や太陽エネルギーを汲み取った樹々の音色が
ホワイエ全体に シンフォニーとして融合するという仕組みです。

オリジナルスピーカーの特徴である同軸無指向性での空間への音の広がりと
一つひとつの音のコントラストを微細に表現するこだわりの設計が
このプロジェクトにて、存分に活かしていただけるのではないでしょうか。


イベントは7月26日 (金) 〜 12月1日 (日)〈火曜除く〉まで開催されています。
他にも山口市中央公園や市内のさまざまな場所を使って作品展示やパフォーマンス、
映画の上映会やライブなど、大人も子どもも楽しめる20以上のコンテンツの実施が予定されています。
ぜひこの機会に山口まで行かれてみてはいかがでしょうか。

=======
【Forest Symphony】
■参加作家
坂本龍一、YCAM InterLab、高谷史郎、矢坂健司
■日時
7月26日 (金) 〜 12月1日 (日)〈火曜除く〉10:00 〜 19:00
※7月26日(金)は、YCAM10周年記念祭「THE OPENING LIVE CONCERT」準備のため16:30以降、臨時閉場
■会場
YCAMホワイエ
■料金
無料
■その他
※10月22日(火)は開館 ※展示会場はオープンスペースとなっているため、
他イベント開催時は、作品を体験することができない時間帯があります。
▼『Forest Symphony』特設サイト
http://forestsymphony.ycam.jp/graph/
=======
山口情報芸術センター[YCAM]は2003年11月、展示スペース、劇場、ミニシアター、
市立中央図書館を併設する複合文化施設として設立。
コンピューターや通信技術などを使ったメディアテクノロジーを共有プラットフォームとして、
メディアアート作品の展示、演劇、ダンスパフォーマンスの公演、映画上映、サウンドイヴェント、
ワークショップやレクチャーなど、各界の優れたアーティストを山口に招き、最先端のパフォーマンスを発信しています。
YCAMでは既存の優れた作品を紹介するにとどまらず、多彩なアーティストと
「YCAM InterLab」という制作セクションがコラボレーションを行うなかで、
山口という地域と世界を結び、創造と発信をし続けています。 教育普及活動にも熱心に取り組み、
メディア教育の実践の場として、 また優れた才能による国際的な
ネットワーク構築のための交流の場としても実績を重ねています。
▼山口情報芸術センター[YCAM]オフィシャルサイト
http://www.ycam.jp/
▼YCAM10周年特設サイト
http://10th.ycam.jp/ http://10th.ycam.jp/term1/493/
=======

recent posts

Pagetop