FB / TW / IG

1/22 "night cruising meets scenery" @cafe&gallery etw (京都 神宮丸太町)


LIVE :
Stina (Room40 / from Australia)
polarM
intext
DJ :
seitaro
Tatsuya
宮本精子
sound :
“scenery” by sonihouse
charge : 1500yen(+1drink)

night cruising(ナイトクルージング)は、2006年から京都を中心に開催されるエレクトロニカイベント。
数々の国内外アーティストやレーベルとの交流、若手新鋭アーティストとの共演など、
新たなコラボレーションをこれまでのイベントにおいて実現させてきました。
2012年の第一回目となるnight cruisingは、昨年9月に開催したサウンド・エキシビジョンが反響をよんだ、
「sonihouse」12面体スピーカー「scenery(シナリー)」とのコラボレーションを、
同じく昨年の展示会場である「cafe&gallery etw(エトワ)」にて「night cruising meets scenery」として開催。
ゲストアーティストとして、名門レーベル「Room40」傘下のアヴァン・ポップレーベル「someone good」より
アルバムをリリース、美意識と儚さが織り合うドリーミーなエレクトロニカを表現するオーストラリア在住の
女性アーティスト「Stina」を迎えます。
また共演には、2011年に2枚のアルバムリリースを果たし、関西三都市でのリリースツアーも
大好評に終わった京都の気鋭「polarM」、
PsysEx主催のレーベル「shrine.jp」より1stアルバムが間もなくリリースされるデザイングループ「intext」の2組がスタンバイ。
至福の音響空間の中で奏でられるエレクトロニカを是非とも体感して下さい。
Stina :

オーストラリアのパース在住の女性アーティスト。
作曲家、プロデューサー、アレンジャーとしての活動を経た後、ソロの演奏家及びレコーディング・アーティストとして広く知られる。
ミュージック・コンクレートやサウンドアート作品、またマイクロコルグを使用した叙情的なメロディなどその
幅広い音楽性を生かしたデビュー・ミニアルバム「Pocket Songs」を2004年にリリース。
その後は弦楽インディーロックバンド「Fall Electric」のメンバーとして日本ツアーも敢行、
The Tigersとのスプリット7インチ「Apple of Mine/Now That I’m Old Whatever Shall I Do With My Whimsical Hardcore Tattoos」 (2008)、
Gutter GuitarとChris CobilisとのスプリットLP「Smell Ya Later」(2009)をリリースしたほか、
ドキュメンタリーフィルム「Three Hams in a Can」(2009)では彼女のライブツアーが取り上げられる。
自身の音楽に加え、ダンスや舞台作品、映画のサウンドトラック制作に関わる。
2011年、セカンドアルバムとなる「Summers in Mariana」をレーベル「Room40」傘下のアヴァン・ポップレーベル「someone good」
よりリリース。
http://stinathomas.wordpress.com/
http://room40.org/store/stina_summers_in_mariana_cd
polarM :

ギターサウンドを中心に展開されるサウンドスケープ。
繊細ながらも強い情感を持って鳴らされるそのサウンドは、深く静かに、時に反復し、時にいびつにその形を変えていく。
ソロやユニットでのライブの他、ダンスとの共演、ショートムービーや映像作品への楽曲提供等々、
京都を中心に活動を展開中。2010年、rimacona初のオリジナルフルアルバム「黄昏とピアノ」にギターで参加。
2011年、待望のファーストアルバム「northern birds」がレーベル「NKR(Nomadic Kids Republic)」よりリリース。
http://www.muranakamasumi.com/
polarM「northern birds」 – Nomadic Kids Republic
http://nomadickids.com/releases/#rel-176
intext :

尾崎祐介、外山央、見増勇介によるグループ。
電子音響と映像による表現のほか、美術館や文化施設を中心としたデザイン・ワークスや、展覧会への参加、出版などをおこなう。
音響・映像パフォーマンスでは、関西のクラブやオルタナティヴ・スペースを中心に数多く出演を続けるほか、
豊田市美術館(AICHI GENE|愛知)やdddギャラリー(phono/graph|大阪)など、アート・プログラムに接近した現場でも積極的に
介入している。
2012年3月2日にshrine.jpよりアルバム「fount」をリリース予定。
http://www.intext.jp
cafe&gallery etw :
京都市左京区 川端通り丸太町下ル下堤町82 恵美須ビル2F
http://www.etw.jp/

recent posts

Pagetop