FB / TW / IG
journal / store

-報告- 2008.12.27『家宴 -IEUTAGE- vol,4 1st anniversary』


おかげさまでsonihouseも一周年!ということで今回の家宴は「1st anniversary」と題しまして、
一歳になったsonihouse君の 誕生パーティーでもあります。


玄関にはいただいたお花でいっぱいです。鈴木さん、山口さん、桃谷さんありがとう!
そしてその後ろには赤ちゃんのよだれかけをイメージしたという、今回のイベントDMが飾られます!

家宴は開場時間から開演まではたっぷり一時間。
その間にゆっくりとくつろいでいただけるよう、
オードブルをご用意しております。
さ~て、アンナさんがふるまっている今回のメニューは何かな?

じゃ~ん!なんと今回は寒~い日にほっこりあったまるホットワインです。
マンペイさんとアンナさんが前日の夜から煮込んだものです。
赤ワインとラムのほか、ネーブルとリンゴがたっぷり入っています。
こちらおかわり続出という大好評をいただきました!

そしてそのアテには今回もクラッカーです。
サーモンの上にケーパースをのせてみました。
前回家宴のオードブルほどではないけれど、なかなか美味しそうでしょ?

さあ、いよいよ「音」の部一組目、Ryosuke Saitoさんのライブが始まりました。
会場にピリッと張りつめた空気が流れます。

Saitoさんはギターを使って音のサンプリングを繰り返し、
ラップトップPCで音を作り出していきます。
最初はゆったりとした演奏が続いたように思ったら、途中からSaitoさんは動く動く!
立ったり座ったりと、かなりのアクションとともにテンポよく展開する音楽。
リズムをきざんでノっているお客さんもちらほら。
まさにクレッシェンド!
そんな雰囲気で最後には会場全体を飲み込んだような息をのむパフォーマンスでした。

引き続き二組目の登場はmamoruさん。
mamoruさんの「身近にあるものを使って響きを作り出す」という 独自のパフォーマンスは
手元が見えたほうが面白いのでは?ということで、急遽アーティストを囲む形に椅子を並べ替え!
家宴初の新鮮なスタイルでのライブがスタートしました。

mamoruさんの作品のひとつ、etudeシリーズを使って
ワークショップ形式のパフォーマンスにみんなの興味も津々。
ちょうどいい具合に陽も落ちて、薄暗くなった部屋で見るライトの光、
耳を凝らして聴く響き。とても異次元かつ幻想的な時間が流れます。

ひとりひとりが参加型のパフォーマンスで、とても心地の良い満足感でお腹いっぱい!
美しく、とても楽しいライブとなりました。

さあさあお待ちかねですね!ライブでドキドキしたあとは、ほっこりお鍋でかんぱ~い!
実は今回の家宴は忘年会シーズン真っただ中。
料理人の松尾氏は自分のお店で手一杯!ということでご出演いただくことができず、
三種のお鍋をご用意いたしました。
ラーメンベース・豚しゃぶ・激辛と、三種類の出汁と
オリジナルつくねは 松尾氏直伝のレシピ。
こうして今宵も楽しい時間が過ぎていきました。
ご来場のみなさん、ありがとうございました~!!
また来てね!

recent posts

Pagetop