FB / TW / IG

「地奏 -CHISOU-」vol.1

「地奏」とは、その場、その時でしか生まれない音を通じて、土地に積み重ねられた層と感覚の広がりを体験するsonihouseによる新たなプロジェクト。vol.1は、奈良県宇陀市の阿紀神社、高天原を舞台に実施します。

参加者はその地の歴史や背景に着目し、土地全域に流れる自然の音を巡り歩きます。
自らの耳/身体/感覚を開き、辿り着いた会場では音楽家による演奏が行われますが、舞台や正確な開始時刻は存在せず、環境と時間、出演者と観客の区切りはありません。

企画にあたり、まずは地域の特徴と歴史的な背景のリサーチからはじめ、演奏会場の光の入り方・広さ・音の反射の仕方・まわりの環境音の聴こえ方、そういったことを吟味し場所を決定しました。会場に至るまでの道程でもその地の特徴をあらわす水の流れに着目し、バリエーション豊かな水の流れを辿り歩くことで参加者の演奏会での積極的な「聴く態度」を促せると考えました。会場、ルートなどには無限の選択肢がある為、何度も現地を訪ね、自分たちの目線(耳)で編集していく作業を行ううち、そういったこと全てが ” 音響設計 ” であると思い至りました。

これまでは決められた会場で、そこに合わせて音を作る音響の仕事を重ねてきました。それをさらに発展させ、地域そのものを聴く対象と捉え、何かを付け加えたり、変える(補正する)のではなく、すでにそこにあるものを編集することでライブを作り込んでいく。「地奏」を経て ” 音響設計 ” の仕事を俯瞰的にとらえなおし、さらに深めていくことができればと考えています。

***
「地奏 -CHISOU-」vol.1
2021年2月14日(日)14:00 開始 / 16:30 終了
定員15名・参加無料 ※雨天決行・荒天中止

– 場 所 –
宇陀松山 阿紀神社周辺 高天原

– 集 合 –
宇陀松山会館(奈良県宇陀市大宇陀拾生)・近鉄奈良駅から自動車で約1時間
・ 近鉄奈良駅より近鉄榛原駅下車、榛原駅より奈良交通バス「大宇陀」下車(約1時間半)

– 申 込 –
氏名、住所、電話番号、メールアドレス、現地までの交通手段(自動車or公共交通機関)を記入の上、arts-management@narapu.ac.jp までお申し込みください。

※おかげさまで満席となりました。現在はキャンセル待ちのみの受付となります。

*参加者は2つのグループに分かれてまちを巡ります
*グループによって集合時間が異なるため、受付完了後に詳細な時間をご案内いたします
*勾配のあるまち歩きや雑木林でのライブ実施のため、歩きやすく暖かい格好でお越しください
*定員が満員となり次第申し込みを終了いたします
*新型コロナウイルス感染症の状況などにより内容を中止・変更する場合があります

recent posts

Pagetop