2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

地域の暮らしや仕事の現在進行形を伝える、ローカルライフ・ウェブマガジン『雛形』にて、写真家の大森克己さんによるコラムが連載されています。題材は、京都府・長岡京を拠点に活動する楽団「長岡京室内アンサンブル」。ヴァイオリニストであり教育者の森悠子さんが音楽監督として率いるこの楽団は、指揮者は存在せず、メンバーも流動的に入れ替わっていくというスタイルをとっています。その特異な技術、想像力、音を通じたコミュニケーションなどを通して奏でられる素晴らしい音楽に魅了された大森さんが楽団に密着し、その体験を写真と文章で綴っています。クラシック音楽を過去の音楽としてとらえるのでなく、今・現在に生きる音楽家森悠子さんがこれまでに培った技と哲学を、クラシック音楽を通じて、今・現在に生きる私たちに何を届けようとしているのか。大森さんの目と耳がそれをどう捉えたのか。実際の演奏とトークを交え、音と音楽、また表現することそのものについて深く探ります。

*

長岡京室内アンサンブル
「地域ごとに独自の音色を持つオーケストラがあるヨーロッパのように、長岡京独自の音色・思想を持った演奏団体を育てたい」1970年代より欧米を中心に教育・演奏両面で国際的に活躍してきたヴァイオリニストの森悠子を音楽監督として、国内外の各地から優秀な若手演奏家を集め、1997年に結成。指揮に頼らず互いの音を聴く「耳」を研ぎ澄ませる独自のスタイルを特長に、緻密で洗練された技術と凝集力の高さ、独自の様式感覚を持った高度な表現法と音楽性の高さは、日本でも希有な存在と高く評価される。バロックから古典、ロマン派、近現代に至るレパートリーの広さも際立っている。「長岡京」から世界の第一線へ雄飛するメンバーも多い。現在までにfineNFレーベルから8枚のCDをリリース。

*

森悠子 / Vn、長岡京室内アンサンブル 音楽監督
教育哲学者・森昭の次女。6歳より才能教育でヴァイオリンを始める。桐朋学園大学卒業後、齋藤秀雄教授の助手を務めたのち、旧チェコスロバキア、フランスに留学。74年パイヤール室内管弦楽団入団。77〜87年フランス国立新放送管弦楽団に在籍。89~96年リヨン国立高等音楽院助教授。90年京都フランス音楽アカデミーを創立。97年“若い音楽家の育成と実践の場”として長岡京室内アンサンブル設立。99~04年ルーズベルト大学シカゴ芸術大学音楽院教授。09~17年くらしき作陽大学音楽学部教授。フランス政府より91年芸術文化勲章「シュヴァリエ章」03年同「オフィシェ章」授与。02年「京都府あけぼの賞」16年「第34回京都府文化賞功労賞」受賞。長岡京室内アンサンブルとして01年「エクソンモービル音楽賞・奨励賞」、03年「ABC音楽賞本賞」など、受賞多数。08年特定非営利活動法人音楽への道CEM設立、理事長に就任。著書に「ヴァイオリニスト空に飛びたくて」(春秋社)がある。

*

高木和弘 / Vn、長岡京室内アンサンブルメンバー
国内外でのコンクールに優勝及び入賞。またソリストとして国内外のオーケストラとの共演も多数。サミット・ミュージック・フェスティバルなどの講習会などにおいて後進の指導にもあたっている。これまでに和波孝禧、森悠子、E.ウルフソン、E.シュミーダーの各氏に師事。アメリカ・ドイツのオーケストラ、東京交響楽団、山形交響楽団のコンサートマスターを経て、現在、ダラス室内交響楽団(アメリカ)のコンサートマスター。長岡京室内アンサンブルメンバー、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー。

*

松﨑国生 / Piano、長岡京室内アンサンブルメンバー
作・編曲家、ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノ、通奏低音奏者。編曲家としてJAGMOに参加、演奏家として長岡京室内アンサンブル公演に出演等、作・編曲家兼マルチ・プレイヤーとしての活動は多岐に渡る。2016年、NHK BSプレミアムで放送された「シンフォニック・ゲーマーズ 〜僕らを駆り立てる冒険の調べ〜」に編曲家として参加。これまでに宮内康恵、森悠子の両氏に師事。

*

大森克己 / 写真家
1963年神戸市生まれ。1994年、第3回写真新世紀優秀賞。国内外での写真展や写真集を通じて作品を発表。2013年東京都写真美術館でのグループ展「路上から世界を変えていく」に参加。主な写真集『サルサ・ガムテープ』(リトルモア)『encounter』(マッチアンドカンパニー)『サナヨラ』(愛育社)『すべては初めて起こる』(マッッチアンドカンパニー)など。クラシック音楽にも造詣が深く、特にルネッサンス時代の合唱曲の大ファン。2013年、2015年の2回にわたって湯山玲子さん主催のイヴェント「爆音で聴くクラシック」にて、ルネッサンスから現代にかけての合唱曲を選曲。https://www.instagram.com/omorikatsumi/

*

食事 / アジアの料理たけふさ
食べる事が好きで、学生時代から飲食業に関わり、多国籍料理店(吉田屋料理店)、喫茶店(喫茶 探偵)、フレンチレストラン(ラ・ターブル・オ・ジャポン)で経験を積む。辿り着いたのは、自身が好きな、米と麺の食文化の中心であるアジアの料理。ベトナム料理を中心としたメニューのラインナップは、日本人向けにアレンジして食べやすくしている。混沌として、どことなくアジアの雰囲気がする祇園町北側、祇園会館1Fに、今年3月オープン。

***

家宴 vol.20「おとと音楽とことば」

日時:9月24日(日)14:30 開場 /15:00 開演

公演曲目(予定):
【高木】バッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番 ト短調 BWV 1001 よりI. Adagio II. Fuga (Allegro)
【高木】バルトーク/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117 BB 124
【高木・松﨑】松崎国生/グランドファンタジー1027
【森】テレマン/無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジー

会場:sonihouse(奈良市四条大路1-2-3)

入場料:
音の部・食の部合わせて ¥6,500(夕食+フリードリンク付)
音の部のみ参加 ¥3,500(ウェルカムドリンク付)
* いずれも当日受付にて、現金でのお支払いになります。

ご予約は「家宴への参加予約」をタイトルに、
「お名前・人数・電話番号・食の部への参加の有無」を
メール(info@sonihouse.net)もしくはお電話(0742-31-5211)にてご連絡ください。

* 食の部のみの参加は承っておりません。
* 静寂を大切にした音楽の為、小学生未満のお子様のご来場はご遠慮頂いております。

***

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »

2017/4/8 sat. Tomasz Betka / Tatsuro Yokoyama Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第一弾はポーランドのピアニスト、Tomasz Betkaと横山起朗を迎えます。

Details »

スタッフ(正社員・アルバイト) を募集します。

sonihouseのスピーカーは受注生産にて、一点一点手作りしております。私たちと共に理想の音を追求し、ひとつひとつの細かな行程に喜びを感じる方を募集いたします。

Details »

2016/12/23 fri. 家宴-IEUTAGE-vol.19「sonicbrat japan tour 2016 NARA」@sonihouse

音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。今回は、シンガポールの新鋭音楽家・sonicbratを誘致。いろのみ、そしてMAHO-ROBAによる食事で皆様をお迎えいたします。ミニマルで静謐な美しいピアノの調べ、聖夜を前に祈りのようなひとときを。

Details »

2016/11/19 sat. night cruising 10th anniversary November 「Special Showcase in Kyoto」@元・立誠小学校 講堂

night cruising 10周年を記念した、秋のスペシャルライブショーケースを京都で開催。sonihouseはPAを担当します。

Details »

2016/11/15 tue. Mari Kalkunソロライブ@sonihouse

エストニアの国民的シンガー・ソングライター、マリカルクンが4年ぶりの来日。sonihouseにてソロライブを開催します。

Details »

2016/10/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.18「一雨1℃」@sonihouse

音楽と食のささやかな集い「家宴-IEUTAGE-」18回目は3名の音楽家、森ゆに、田辺玄、青木隼人、そして料理に山フーズを招きます。

Details »

2016/7/31 sun. 生活学校 第三回講座「つなぐ」@鹿の舟 繭/囀[奈良]

2016年4月より開講した、これからの生活をつくるための「生活学校」。F/styleの五十嵐恵美さん、星野若菜さんを迎える第三回目の講座「つなぐ」の中で、奈良の作り手とのトークセッションとして、sonihouseの鶴林万平がゲストで参加いたします。

Details »

2016/8/21 sun. 「SOUNDSCAPE -音景- in New Relations」@THE SCREEN[京都]

13組のアーティストの感性から生まれた京都のホテル、THE SCREEN。アーティストたちの多様な価値観や美意識が詰まった空間と新たなアーティストの感性が交わったときに生まれる新たな風景。night cruising × THE SCREEN × sonihouse、新しい縁が織り成す「音の景色」をぜひ体験してください。

Details »

mü-nest night「Kuala Lumpur – Kyoto – Tokyo」@9/9(金) 京都芸術センター / 9/11(日) 東京 VACANT

マレーシアを拠点に世界中の優秀なアーティストを数多く発掘、日本人のアーティストの作品も数多く発表してきた電子音楽レーベル「mü-nest(ミューネスト)」。京都と東京で開催されるレーベルショーケース「mü-nest night」の音響を担当します。

Details »

2016/8/27 haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2016「音楽のある風景」広島公演@世界平和記念聖堂[広島]

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE による「音楽のある風景」リリースツアー待望の広島公演を、重要文化財にも指定されている世界平和記念聖堂にて開催。sonihouseは音響を担当します。8月のヒロシマで、『平和と、光』の願いを込めて。

Details »

2016/6/3-7/10 Open MUJI Tokyo「ハロー!ワーク展 自分らしく、仕事と暮らし」@無印良品 有楽町

6/3~7/10、無印良品 有楽町にて開催される「ハロー!ワーク展 自分らしく、仕事と暮らし」展に参加します。6/26には関連イベントとして音楽家 蓮沼執太さんをゲストに迎え、蓮沼さんの最新アルバム「メロディーズ」を手掛かりに、二人が選ぶさまざま音源をもとにメロディーの魅力についておおいに語ります。

Details »

2016/5/28 sat. 家宴-IEUTAGE- 「FOLKLORE」@sonihouse

音楽と食の饗宴、「家宴-IEUTAGE-」。新スペースでは2回目となる今回は、AOKI,hayato と haruka nakamuraによるライブツアー、「FOLKLORE」を誘致します。

Details »

2016/5/8 Colloid × 仙石彬人×PATO LOLMAN 『光合成』@rizm[篠山]

『光合成』音と光が彩る、春の演奏会が篠山rizmにて。sonihouseはPAを担当します。
Details »

2016/4/26 Quentin Sirjacq Japan Tour2016大阪公演@天満教会[大阪]

フランス人ピアニスト、Quentin Sirjacq が最新作「far islands and near places」と共に来日。sonihouseは大阪公演の音響を担当します。

Details »