2016/7/31 sun. 生活学校 第三回講座「つなぐ」@鹿の舟 繭/囀[奈良]

2016年4月より開講した、これからの生活をつくるための「生活学校」。F/styleの五十嵐恵美さん、星野若菜さんを迎える第三回目の講座「つなぐ」の中で、奈良の作り手とのトークセッションとして、sonihouseの鶴林万平がゲストで参加いたします。

生活とは命をつなぐことであり、住まうこと、着ること、食べることそのもの。年間を通じて開講する6講座では、「これからの生活」をテーマに、私たちがこれから先の営みを一緒に考えてゆけたらいいな、という方々を講師としてお迎えします。そこに集う人々が観る、聴く、触れる、識る、考える。それらを通して自身の先の生活をたぐり寄せ合う学び舎、それが「生活学校」です。

第三回目講座のテーマは「つなぐ」。
講師は、F/styleの五十嵐恵美さん、星野若菜さんです。

「つなぐ」を、どんな形で、どのように伝えていただけるのか。
どうすれば、それが「これからの暮らし」につながる学びになるのか。

F/styleは、つなぐ役割を意識して仕事をしているのではありません。
仕事を続けていく中で、自然な流れでつながりが生まれ、結果的につなぐ立場に立っていた、
というのが正直なところだと、お二人は話されます。

「つなぐ」とは、先に立って意識するものではなく、
人やもの、対象になるものを大切に思う心から、
結果的に後ろから付いてきてくれるようなものなのかもしれません。

F/styleが大切にしているのは、そのものが、
どんな人たちと生み出し、その後どんなふうに使われ、
それぞれの人にどんな記憶として残っていってくれるのか、ということ。

今回の講座では、機能性やコンセプトだけではない、
目には見えないけれど、確かに深いところにしっかりと響いていく部分を、
正直な気持ちで見つめ直し、
ものを生み出していくこと・ものを買うこと・・・「ものと暮らすこと」について、
改めて考えられる機会になればと思います。

二日間にわたり、下記内容にて開催いたします。
(内容は、多少変更になることがございますが、ご了承くださいませ。)

————————————————–

日時:7月31日(日)・8月1日(月)
定員:各日15名
会場:[鹿の舟] 繭/囀 

————————————————–

※2日間を通して、取り組んでいただきたい講座です。
講座1・2・3を全受講していただくことをおすすめいたしますが、各日のご予約も承ります。

————————————————–

7月31日(日)

10:00→12:30

講座1「F/styleのものづくり」

・作り手のスライドショーを交えながら、商品が生まれるまでの仕事の流れをご紹介
・奈良の作り手とのトークセッション
(トークゲスト/sonihouse 鶴林万平さん)

13:30→16:00
講座2「記憶に残るもの・ことについて」
― 「ものと暮らす」を共に考えるワークショップ―

長く愛用していて、なくなっては困るもの、ものはなくなってしまったけれど記憶に残っているもの、
自作のもの(もの以外に料理・場などでも)、それぞれのエピソードを事前にシート(※)にご記入
いただき、当日そのシートを持ち寄りながら、これからの「作る・買う・使う」を共に考えていきます。

(シートと合わせて、愛用しているものの現物や写真等がありましたら当日ご持参下さい)

※シート・・・お申込みされた方に、お申し込み後メールでお送りするものです。
※(昼食)新潟米のおむすび付

————————————————–

8月1日(月)

10:00→12:00
講座3「未来へつなぐ」

・F/style × 石村由起子 トークセッション
記憶に残るものづくりや、幼い頃の暮らしの記憶を交えながら、
今の仕事に生き続けていること、これからの未来へつなげていきたいことをテーマとした、
対談形式のお話会です。

————————————————–

参加費:下記

[A]講座1+2+3………10,500円+税
[B]講座1+2……………8,000円+税
[C]講座3……………2,500円+税

※くるみの木オンラインストアより、チケットをご購入ください。

チケットご購入はこちらから

※お問い合わせは、繭(0742-94-3500)まで

※ 7月30日(土)~8月7日(日)の期間中は、[鹿の舟]繭にてF/style展を開催いたします。

シナの巾着 シナ縄・スゲの鍋敷き 花かご 籐のバスケット
わっぱ鍋 わっぱセイロ 銅の行平鍋 銅のミルクパン 銅のチロリ
ホールガーメントの綿ニット 靴下各種 
割烹着 亀田縞の手ぬぐい ハンカチなどシリーズ全種
麻のマット シルクのバスミトン スリッパ スーピマ綿の湯たんぽカバー

日々の暮らしに添う、エフスタイルの仕事を一堂にご覧いただけます。

また、[鹿の舟]各店では、小さな新潟観光物産展を開催いたします。
合わせてお楽しみください!

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

イベント詳細は公式サイトをご覧ください
http://www.kuruminoki.co.jp/shikanofune/mayu/school/2016/07/news3928.html

2018/9/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.22「時の質感」@sonihouse

「家宴-IEUTAGE-」とは、ライブのあとに出演者と観客が同じ食卓を囲む、音と食の家庭的おもてなしイベントのこと。私たちのスピーカーを介して、人々が集い、音楽に出会う場をつくりたい、との想いから2007年にスタートし、今回でvol.22を迎えます。

Details »

材料費上昇に伴う”sight”価格改定のお知らせ

14面体スピーカー”sight”の内部ネットワークパーツのグレードアップに伴い、不本意ではございますが製品価格を現行より改定させていただきたくご案内申し上げます。新規パーツの追加とコアパーツの高品位化によって、よりナチュラルでクリアな音質になりました。

Details »

2018/7/8 sun. Stefano Guzzetti Live「Ensemble」

昨年の春、sonihouseでライブを行ったイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiが再来日。今回は自身のピアノに、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者3人も加わった、ピアノ+ストリングス三重奏の4人による贅沢な演奏会です。気品溢れる艶やかなポスト・クラシカル・サウンドを是非。

Details »

sonihouseが名盤を選んでお届けする「SEASONS」はじまります

sonihouseが一年間に4回、季節に合わせたおすすめの音楽を紹介し販売するサービス「SEASONS」がはじまります。

Details »

2018/6/2 sat. 林正樹 演奏会「pendulum」

来たる6月、ピアニスト・林正樹が2015年作品「pendulum」を軸としたツアーを開催。6/2(土)に奈良公演が開かれます。sonihouseは6/1三重、6/3岐阜と全日程の音響も担当します。

Details »

2018/5/2-3 Mark de Clive-Lowe マーク・ド・クライブ・ロウ Sound workshop&Live

新世代のハービー・ハンコックと称され、あのジャイルス・ピーターソンも大絶賛する逸材、キーボーディスト/プロデューサー/作曲家/DJなど様々なスタイルで充実した活動を続けるMdCLことマーク・ド・クライヴ-ロウが来日。イギリスを拠点に活動する彼は日本とも縁が深く、今回はsonihouseで滞在制作をしながら、サウンドワークショップとライブパフォーマンスを開催。5/3の演奏会は、ゲストとして奈良出身の尺八奏者・日本芸能史家の薮内洋介を迎え、国や時代を超えた新たな試みを行います。

Details »

2018/5/5-6 内田輝 調律を通した音のワークショップ&演奏会「聴く」からはじまる

紀元前5世紀、ピュタゴラスが発見した「音の法則」。この偶然的発見から2500年ほど経て、私たちはピアノに触れています。彼らはどんな響きを体感していたのでしょうか?

Details »

2018/3/31 sat. Ezekiel Honig Live@sonihouse

NYのレーベルAnticipate Recordingsの元オーナーでもあり、アーティストのEzekiel Honigが来日。切望の日本公演を関西限定で開催します。会場は3/25きんせ旅館(京都)、3/31のsonihouseのみ。どうぞお見逃しなく!

Details »

2018/3/12 mon. Christoph Berg / Chihei Hatakeyama Live@sonihouse

寒さも緩み、日ごとに春を感じる3月の夜、ドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Christoph BergとChihei Hatakeyamaを招きます。

Details »

2018/2/24 sat. Lee Noble 2018 Japan Tour@sonihouse

2018年最初のライブは2/24(土)、ロサンゼルスの音楽家・アーティストLee Nobleと、京都で活動する若き奇才、小松千倫を迎えます。

Details »

2017/11/26 sun. 家宴 vol.21「1√2 白銀比」@sonihouse

音楽と食の集い「家宴-IEUTAGE-」21回目は、音楽家 林正樹と料理家 小桧山聡子(山フーズ)を招きます。

Details »

2017/11/22 wed. 12k Japan 2017@sonihouse

11/22(水)、エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kより、テイラー・デュプリー、マーカス・フィッシャー、コリー・フラー(ILLUHA)を招きます。

Details »

2017/10/18 wed. Void Of Sound 2017 Japan Tour@sonihouse

10/18(水)、ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト「Void Of Sound」を迎えます。

Details »

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »

2017/4/8 sat. Tomasz Betka / Tatsuro Yokoyama Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第一弾はポーランドのピアニスト、Tomasz Betkaと横山起朗を迎えます。

Details »