2015/12/25 haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2015「音楽のある風景」京都公演 @京都文化博物館

今年の5月に篠山・rizmで行われ、私たちにとっても印象深い演奏会となった「音楽のある風景」。2015年を締めくくる京都公演でも、音響を担当させていただきます。

haruka nakamura PIANO ENSEMBLEによる「音楽のある風景」リリースツアー。2015年最後の公演が12/25(金)に京都文化博物館で開催。PIANO ENSEMBLEのメンバーであるharuka nakamura、ARAKI Shin、内田 輝、根本理恵、齊藤 功に加え、聖歌隊に西森千明、森ゆに、太田美帆(CANTUS)、照明にchikuni、sonihouseは音響にてゲストで参加いたします。聖なる夜に、豪華メンバーによる情感のあふれる演奏会を、ぜひどうぞ。

……………………………………………………………………………………

haruka nakamura PIANO ENSEMBLE TOUR 2015「音楽のある風景」
ACT.9 京都公演

日時:2015年12月25日(金)
会場:京都文化博物館 別館ホール
開場:18:00 / 開演:19:00
料金:前売 5,000円 / 当日 5,500円 (全席自由・整理番号付)
出演:haruka nakamura PIANO ENSEMBLE

PIANO ENSEMBLE:
haruka nakamura (ピアノ)
ARAKI Shin (サックス&フルート)
akira uchida (サックス)
rie nemoto (バイオリン)
isao saito (パーカッション)

聖歌隊:西森千明、森ゆに、太田美帆(CANTUS)
照明:chikuni
音響:sonihouse

【チケットは下記のLivePocket及び店頭にて10/8(木)より販売開始】
<オンラインチケットサービス>
LivePocket
https://t.livepocket.jp/e/harukanakamura_kyoto
<チケット取扱店>
ART ROCK NO.1
〒604-8075 京都府京都市 中京区麩屋町通三条下ル白壁町442 FSSビル4F
TEL:075-212-0113
HP:www.artrock-1.com/

*メール予約(取り置き)はございません。上記オンラインチケットサービスおよびチケット取扱店での販売のみとなります。
*入場者数に限りがございます。予約が定員となり次第締め切らせていただきます。
その場合、当日券の発行はいたしません。お早めにご予約下さい。
*会場(別館ホール)内での飲食は厳禁です。
*駐車場、駐輪場はありません。公共の交通機関でお越し下さい。
*本公演では、静寂を大切にした音楽の意向、また緊張状態が長時間続く内容を考慮し、
大変申し訳ありませんが小学生未満のお子様のご来場はご遠慮頂いております。
ご理解、ご協力のほどお願いいたします。

◎チケットの整理番号について
LivePocketでご購入のチケットとチケット取扱店でご購入のチケットの整理番号に、同じ番号がございます。
その場合は両方とも同じタイミングでのご入場となりますので、あらかじめご了承ください。

……………………………………………………………………………………

会場までのアクセス

・地下鉄「烏丸御池駅」下車【5】番出口から三条通りを東へ徒歩3分  駅周辺図
・阪急「烏丸駅」下車【16】番出口から高倉通りを北へ徒歩7分  駅周辺図
・京阪「三条駅」下車【6】番出口から三条通りを西へ徒歩15分  駅周辺図
・JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ
・市バス「堺町御池」下車、徒歩2分

企画/制作:night cruising
協力:Inpartmaint Inc.

お問い合わせ:info@nightcruising.jp (night cruising)

……………………………………………………………………………………

【haruka nakamura PIANO ENSEMBLE】

haruka nakamura

青森県出身
音楽家

「grace」「twilight」「MELODICA」「音楽のある風景」
コラボレーションでは「afterglow」「12 & 1song」などを発表。
青木隼人とのDUOで、「FOLKLORE」を発表し、旅をしている。
同時に、最新作「音楽のある風景」のPIANO ENSEMBLE編成による全国ツアーも敢行中。
台湾を含める10公演以上の開催。「THE PIANO ERA2015」への出演も決定している。

www.harukanakamura.com
 
 
荒木 真 / ARAKI Shin


 

管楽器奏者、作編曲家。これまでにakira kosemura、EXILE、haruka nakamura、永山マキ、vusik等のアルバムに参加、楽曲提供、編曲を行うほか、ギャラリー、ファッション・ショー、舞踏等の音楽、写真家など他ジャンルのアーティストとのコラボレーションを手がけている。“Jazz Collective”の一員としてロシア政府より招聘を受け演奏。2015年、アルバム“PRAYER”を発表。

arakishin.com
 
 
内田 輝/ akira uchida
 

 

音楽大学でsaxを専攻。 卒業後欧州を旅し、 その実体験から西洋と東洋における紀元前から中世の思想を意識する。
ピアノ調律を習得後、14世紀に考案されたclavichord(鍵盤楽器)に出会う。古来からの美意識に基づき、音の霊性と波動を追求している。

baroquevoice.tumblr.com
 
 
根本理恵 / rie nemoto
 

 

茨城県出身。日本大学芸術学部音楽学科ヴァイオリン専攻卒業。
ヴァイオリンを飯塚直子、故久保田良作、大川内弘、室内楽を杉山さゆり、大川内弘、東義直、アルゼンチンタンゴを岩崎宏之、各氏に師事。現在、オーケストラ、室内楽、スタジオ録音、アーティストのサポート演奏、親子コンサートの企画など、幅広いジャンルで活動中。さいたまARTS21メンバー。流山市音楽家協会会員。

 
 
齊藤 功 / saito isao
 

 
1981年 神奈川県生まれ

様々な打楽器や非楽器で、
そこにしかない【音】を、みつけて、だす。
漫画と短歌と石拾いが趣味。

「天籟よりそえば静寂に響く石の声とはふしだらな夢」

iiiiiiiiisao.wix.com/isao-saito
 
 
【Guest】
 
西森千明
 

 

2014年3月、2ndフルアルバム「かけがえのない」を発表。
田辺玄(WATER WATER CAMEL)を録音・ミックス・マスタリングにむかえ、古い木造の校舎で録音された。鳥の声、樹々の揺れ、床のきしみなど、近くから遠くまでさまざまに響き漂う音に、柔らかくも芯の通ったピアノの旋律と、木管楽器のような歌声が溶けていく。
風景や時間の移り変わりに寄り添うように、悠々と奏でられた音楽。
生演奏はいわゆるピアノの弾き語りとは一線を画し、その場の空気に溶け込むたおやかで自由な演奏と、言葉のベールをまとった声音で、「そこに居るだけで心が開いていく、まさに自然の豊かさそのものの音楽」 との賞賛を受ける。
どこか遠くで響いているかのような歌声とピアノの音色が、風や光のように、空間に、聴く人ひとりひとりにふりそそぐ。
心もからだも一緒になって聴くことができる、根源的な音楽を紡ぐ音楽家。

www.chiaki-nishimori.info
 
 
森ゆに
 

 
山梨県在住。シンガーソングライター、ピアニスト。
クラシックや賛美歌をルーツにした弾き語りによるアルバム「夏は来る」「夜をくぐる」に続き、新作「祝いのうた」を2015年6月に発表。

moriyuni.blog94.fc2.com/
 
 
太田美帆
 

 
1978年東京生まれ。聖歌隊CANTUS合唱長。
ソロ活動としてharuka nakamura、高木正勝、UA、中島ノブユキ等のコーラスを担当。二児の母。

cantus.otamihoandcantus.client.jp/
 
 
chikuni / アワヤタケシ


 
1970年、横浜に生まれる。
幼少期に実家の改築作業に携わる機会を経て建築の魅力に引き込まれる。
10代後半に建築家を目指すが
その後インテリア関連のデザイン事務所に入社。
商業デザイン・プロダクトデザインなどの仕事を従事。
20代半ばでエクステリア関連の仕事で鉄の仕組みを学び西洋家具屋へ。
古家具やアンティック小物に囲まれた30代前半。
無垢木材や異素材を使用して室内装飾品を製作すること志す。
2008年11月1日
生まれ育った横浜に小さな工房と展示室を立ち上げる。
2016年4月
横浜関内にて「10watts field & gallery」として再出発の予定。

2018/9/1 sat. 『トニー・コンラッド:完全なる今』上映会 + ASUNAライヴ

数々の伝説的パフォーマンスを残し、2016年亡くなったトニー・コンラッド。その生涯を追ったドキュメンタリー映画『トニー・コンラッド:完全なる今』の関西初公開。ドローン・ミュージックの始祖のひとりとして記憶され、多岐にわたる活動で先鋭的な作品を創り続けたエクスペリメンタル・アーティスト。今回の上映には、今日のドローンアーティストの第一人者とも言えるASUNAが、欧州でのライブツアーの合間を縫って、上映に合わせたライブを披露します。

Details »

2018/9/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.22「時の質感」@sonihouse

「家宴-IEUTAGE-」とは、ライブのあとに出演者と観客が同じ食卓を囲む、音と食の家庭的おもてなしイベントのこと。私たちのスピーカーを介して、人々が集い、音楽に出会う場をつくりたい、との想いから2007年にスタートし、今回でvol.22を迎えます。

Details »

材料費上昇に伴う”sight”価格改定のお知らせ

14面体スピーカー”sight”の内部ネットワークパーツのグレードアップに伴い、不本意ではございますが製品価格を現行より改定させていただきたくご案内申し上げます。新規パーツの追加とコアパーツの高品位化によって、よりナチュラルでクリアな音質になりました。

Details »

2018/7/8 sun. Stefano Guzzetti Live「Ensemble」

昨年の春、sonihouseでライブを行ったイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiが再来日。今回は自身のピアノに、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者3人も加わった、ピアノ+ストリングス三重奏の4人による贅沢な演奏会です。気品溢れる艶やかなポスト・クラシカル・サウンドを是非。

Details »

sonihouseが名盤を選んでお届けする「SEASONS」はじまります

sonihouseが一年間に4回、季節に合わせたおすすめの音楽を紹介し販売するサービス「SEASONS」がはじまります。

Details »

2018/6/2 sat. 林正樹 演奏会「pendulum」

来たる6月、ピアニスト・林正樹が2015年作品「pendulum」を軸としたツアーを開催。6/2(土)に奈良公演が開かれます。sonihouseは6/1三重、6/3岐阜と全日程の音響も担当します。

Details »

2018/5/2-3 Mark de Clive-Lowe マーク・ド・クライブ・ロウ Sound workshop&Live

新世代のハービー・ハンコックと称され、あのジャイルス・ピーターソンも大絶賛する逸材、キーボーディスト/プロデューサー/作曲家/DJなど様々なスタイルで充実した活動を続けるMdCLことマーク・ド・クライヴ-ロウが来日。イギリスを拠点に活動する彼は日本とも縁が深く、今回はsonihouseで滞在制作をしながら、サウンドワークショップとライブパフォーマンスを開催。5/3の演奏会は、ゲストとして奈良出身の尺八奏者・日本芸能史家の薮内洋介を迎え、国や時代を超えた新たな試みを行います。

Details »

2018/5/5-6 内田輝 調律を通した音のワークショップ&演奏会「聴く」からはじまる

紀元前5世紀、ピュタゴラスが発見した「音の法則」。この偶然的発見から2500年ほど経て、私たちはピアノに触れています。彼らはどんな響きを体感していたのでしょうか?

Details »

2018/3/31 sat. Ezekiel Honig Live@sonihouse

NYのレーベルAnticipate Recordingsの元オーナーでもあり、アーティストのEzekiel Honigが来日。切望の日本公演を関西限定で開催します。会場は3/25きんせ旅館(京都)、3/31のsonihouseのみ。どうぞお見逃しなく!

Details »

2018/3/12 mon. Christoph Berg / Chihei Hatakeyama Live@sonihouse

寒さも緩み、日ごとに春を感じる3月の夜、ドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Christoph BergとChihei Hatakeyamaを招きます。

Details »

2018/2/24 sat. Lee Noble 2018 Japan Tour@sonihouse

2018年最初のライブは2/24(土)、ロサンゼルスの音楽家・アーティストLee Nobleと、京都で活動する若き奇才、小松千倫を迎えます。

Details »

2017/11/26 sun. 家宴 vol.21「1√2 白銀比」@sonihouse

音楽と食の集い「家宴-IEUTAGE-」21回目は、音楽家 林正樹と料理家 小桧山聡子(山フーズ)を招きます。

Details »

2017/11/22 wed. 12k Japan 2017@sonihouse

11/22(水)、エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kより、テイラー・デュプリー、マーカス・フィッシャー、コリー・フラー(ILLUHA)を招きます。

Details »

2017/10/18 wed. Void Of Sound 2017 Japan Tour@sonihouse

10/18(水)、ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト「Void Of Sound」を迎えます。

Details »

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »