2015/11/21・11/28・12/5・12/12 sonihouse新スペースこけら落とし「家宴-IEUTAGE-」

IEUTAGE_img

2015年春より進めておりました、sonihouse新スペースのセルフリノベーションがいよいよ整い、こけら落としイベントとして、sonihouseの活動の原点でもある「家宴-IEUTAGE-」を、11月21日より4週にわたって開催いたします。

dot architectsとアトリエカフエのご協力の元で進められていました、sonihouse新スペースのセルフリノベーションがいよいよ11月21日に完成予定です。オープンに伴い、こけら落としイベントとして、sonihouseの活動の原点でもある「家宴-IEUTAGE-」を4週に渡って開催します。演者と観客が音楽だけでなく、食事を通じて場を共有し、「家」という箱のなかでの饗宴。すこし大きくなった「家」にみなさんをお招きしたいと思います。スピーカーから出発し、空間の音環境にまでこだわった新しいスペースでは、sonihouseのこれまでの集大成であり、これからの指針ともなるゲストたちがイベントを彩ります。さらに広がりを増した音楽と、熟達なシェフたちによる絶品の料理を用意して奈良・新大宮でお待ちしております!

=================

1週目/静寂

◯ 11月21日(土)night cruising presents

【音の部】Taylor Deupree/Marcus Fischer/Corey Fuller/原 摩利彦/Polar M
【食の部】VOLVER

京都を拠点に活動する「night cruising」。sonihouseの活動開始から間もなく、早くも12面体スピーカーによるサウンドデザインを自らのイベントに導入する柔軟で実験的なスタンスによって開催されたイベントは10回以上を数え、厚い信頼のもとお互いの活動をサポートし合ってきました。国内外の多くの優れた音楽家、サウンドアーティストを招聘し続ける彼らの活動は音楽界にとどまらずアート界でもすでに評価されています。そして今回彼らがここに招聘するのは現代のアンビエント・シーンにおいて独自の立ち位置、あるいはその先頭に立つアーティストたち。90年台後半から実験的な電子音楽・アンビエントシーンの礎を築き、そして今も中心的役割で世界を牽引し続けているNYのレーベル「12k」。その創設者Taylor Deupreeをはじめとする豪華共演陣。そして、「night cruising」ゆかりのアーティストたち。食の部では、京都を拠点に有機野菜の素材の味をふんだんに活かし目にも鮮やかな料理を提供する、VOLVERが担当。sonihouseの万全の音響システムが、電子音楽が本来もつ繊細な響きを余すことなく届け、その音がもつ強度のある静けさが新スペースを満たします。この日、この場だけで生まれる、最高峰の「静寂」をぜひ。

※お詫びとお知らせ
来日を予定していたMarcus Fischerが、先日、肩の怪我をしてしまい手術が必要になり、来日ができなくなってしまいました。Marcus本人、来日を誰よりも楽しみにしていたので、今回の来日キャンセルは本当に残念です。。。なお、Taylor Deupreeは予定通り来日いたします。Marcusの演奏を楽しみにしてくださっていました皆様には大変申し訳ないのですが、Taylor Deupree/Corey Fuller/原 摩利彦/Polar Mによるセッションも行う予定となりますので、楽しみにしていただければ幸いです。

Taylor Deupree http://www.taylordeupree.com/
Marcus Fischer http://www.mapmap.ch/
Corey Fuller http://illuha.com/about/
原 摩利彦 http://www.marihikohara.com/
Polar M http://www.polarm.net/
VOLVER http://shishikuramegumi.com/

=================

2週目/空間

◯ 11月28日(土)

【音の部】鈴木昭男+evala
【食の部】山フーズ

「音と場の探求者」であり、世界の先駆的サウンドアーティストとして知られる鈴木昭男。最先端のデジタルテクノロジーを用いて、無響室の極小空間から巨大でスペクタクルな劇場空間の音響まで創造するevala。「アナログ 対 デジタル」という単純な二項対立で語ることのできないこの共演は、過去2回とも自然な音の再現力を有するsonihouse “scenery”を使用することを前提として実現してきました。そこで行われるのは「聴く」という行為の本質に立ち返ることのできる稀有でかけがいのないコラボレーションです。余談ではありますが、かつてevalaの幼少期、鈴木昭男との偶然の出会いが今につながる原点としてあるということも非常に興味深く、感動的な話です。そんな2人の関係をしっかり見極め、お皿の上で表現してくれるのは、東京を拠点に活動する山フーズ。音に集中した後、体の隅々まで美味しさが染みわたるご飯を用意。空間の隅々にまで耳をそばだてることが極めてクリエイティブな行為へと変わる音楽体験を、新しいsonihouseにてどうぞ。

鈴木昭男 http://www.akiosuzuki.com/
evala http://evala.jp/
山フーズ http://kobiyamasatoko.com/yama-foods/

=================

3週目/ 旅

◯ 12月5日(土)

【音の部】mama!milk/トウヤマタケオ/Takuji(Little Creatures、KAMA AINA)
【食の部】FOOD WORKER FUNAKI

この日、奈良・新大宮・sonihouseに集うのは、「旅」を続けるミュージシャンたち。「演奏会場」という概念にとらわれることなく、さまざまな場で自由に艶やかにまた力強い響きを奏でるmama!milk 。旅先で出会うあらゆるピアノたちを生き物のように手なづけ、ついには朗々と歌ように響かせる、トウヤマタケオ。そして最先端のポップミュージックから民族音楽としての日本の民謡までを縦横無尽に横断し独自の「うた」と「こえ」を響かせるTakuji。3組が織りなすアコースティックな響きは、「house」を旅の景色へと変え、それぞれの物語を語り始めるでしょう。そして、大阪を拠点とする料理人、FOOD WORKER FUNAKI・舟木貞裕が、彼らの音楽からインスピレーションを得た異国情緒溢れるさまざまな食を、端正な1皿にまとめあげてくれます。12月の寒空にひととき、旅の情緒を求めて贅沢な時間をどうぞ。

mama!milk http://www.mamamilk.net/
トウヤマタケオ http://www.takeotoyama.info
Takuji(Little Creatures、KAMA AINA) https://www.facebook.com/takujiofficial
FOOD WORKER FUNAKI http://www.food-worker-funaki.com/

=================

4週目/ 対話

◯ 12月12日(土)

【話の部】安藤雅信/中上修作
【食の部】MIA’S BREAD

4週にわたるこけら落としの最終回は、音楽にまつわる対話。ゲストは、岐阜県多治見にて「ギャルリ百草」を営み、陶作家としても活躍する、安藤雅信。そしてもう1人、奈良国立博物館の真向かいに堂々お店を構え、骨董界に新風を巻き起こしている「古美術中上」店主、中上修作。2人に共通するのは確固たる審美眼とともに、その経歴。美術大学にて一方は彫刻、一方は建築を学び、それぞれ音楽家としてのキャリアを経た後、今の境遇に腰を下ろしています。そんな、音楽がルーツにある2人に、思う存分新しいsonihouseの空間で聴き・語り合ってもらいます。きっと、心から音楽を愛する者同士特有の、気の置けない楽しい時間が流れるでしょう。食の部を担当するのは、奈良を代表するパン職人、MIA’S BREAD・森田三和。彼女も良質なリスナーであり、新しいパン作りのアイデアを音楽から得ていると言います。噛みしめる度に、生の恵みを力強く感じるポジティブなパンと、それに好相性の創作料理が並びます。新しい音楽との出会いと聴こえ方にワクワクする、そんな素敵な一日にぜひご参加ください。

安藤雅信 http://www.momogusa.jp/
中上修作 http://nara-nakagami.com/
MIA’S BREAD http://miasbread.com/

………………………………………………………………………………………

—————–
タイムテーブル(全日共通)
—————–
15:00 開場
16:00 音の部スタート
18:00 音の部終了
–休憩・転換–
18:30 食の部スタート
21:00 終了

—————–
入場料・予約(10/10より受付いたします
—————–
いずれのプログラムも、
音の部・食の部を合わせて、¥5,500(オープニングドリンク込)
音の部のみ参加は、¥4,000(オープニングドリンク込)

ご予約は10/10(土)より開始いたします。
「イベント名・日時」をタイトルに、
「お名前・人数・電話番号・食の部への参加の有無」を本文に記載の上、
info@sonihouse.netまでご連絡ください。
*どのプログラムも定員は60名様、音の部のみの参加は20名様まで受付させていただきます。
(食の部のみの参加は承っておりません。)

—————–
特典
—————–
4週すべてに参加していただきましたお客様には、
家族のしるしとしてsonihouseオリジナルグッズを進呈いたします。

—————–
アクセス
—————–

住所:〒630-8014 奈良市四条大路1-2-3

【お車でお越しの場合】
sonihouseには専用駐車場が3台分ございますが、イベント当日は満車が予想されます
新大宮駅周辺にはコインパーキングがいくつかございますので、そちらをご利用ください

【バスをご利用の場合】
・JR「奈良駅」から奈良交通 「東口6番」乗り場より、
「70 六条山」「48 学園前駅(南)」「97 法隆寺前」行きのいずれかに乗車し「三笠中学校前」で下車
所要時間7分
・近鉄「新大宮駅」から奈良交通「駅前南口」乗り場より、
「8 四条大路南町」行きに乗車し「三笠中学校前」で下車
所要時間5分

【徒歩でお越しの場合】
JR「奈良駅」より徒歩20分、近鉄「新大宮駅」より徒歩15分
 

三笠中学校の向かいの歩道にある、お地蔵さんと美容室の間の道を進み、奥に見える白い建物です。

—————–
お問い合わせ
—————–
sonihouse 担当:長谷川アンナ

Photo by Mugyuda Hyogo

2018/9/1 sat. 『トニー・コンラッド:完全なる今』上映会 + ASUNAライヴ

数々の伝説的パフォーマンスを残し、2016年亡くなったトニー・コンラッド。その生涯を追ったドキュメンタリー映画『トニー・コンラッド:完全なる今』の関西初公開。ドローン・ミュージックの始祖のひとりとして記憶され、多岐にわたる活動で先鋭的な作品を創り続けたエクスペリメンタル・アーティスト。今回の上映には、今日のドローンアーティストの第一人者とも言えるASUNAが、欧州でのライブツアーの合間を縫って、上映に合わせたライブを披露します。

Details »

2018/9/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.22「時の質感」@sonihouse

「家宴-IEUTAGE-」とは、ライブのあとに出演者と観客が同じ食卓を囲む、音と食の家庭的おもてなしイベントのこと。私たちのスピーカーを介して、人々が集い、音楽に出会う場をつくりたい、との想いから2007年にスタートし、今回でvol.22を迎えます。

Details »

材料費上昇に伴う”sight”価格改定のお知らせ

14面体スピーカー”sight”の内部ネットワークパーツのグレードアップに伴い、不本意ではございますが製品価格を現行より改定させていただきたくご案内申し上げます。新規パーツの追加とコアパーツの高品位化によって、よりナチュラルでクリアな音質になりました。

Details »

2018/7/8 sun. Stefano Guzzetti Live「Ensemble」

昨年の春、sonihouseでライブを行ったイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiが再来日。今回は自身のピアノに、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者3人も加わった、ピアノ+ストリングス三重奏の4人による贅沢な演奏会です。気品溢れる艶やかなポスト・クラシカル・サウンドを是非。

Details »

sonihouseが名盤を選んでお届けする「SEASONS」はじまります

sonihouseが一年間に4回、季節に合わせたおすすめの音楽を紹介し販売するサービス「SEASONS」がはじまります。

Details »

2018/6/2 sat. 林正樹 演奏会「pendulum」

来たる6月、ピアニスト・林正樹が2015年作品「pendulum」を軸としたツアーを開催。6/2(土)に奈良公演が開かれます。sonihouseは6/1三重、6/3岐阜と全日程の音響も担当します。

Details »

2018/5/2-3 Mark de Clive-Lowe マーク・ド・クライブ・ロウ Sound workshop&Live

新世代のハービー・ハンコックと称され、あのジャイルス・ピーターソンも大絶賛する逸材、キーボーディスト/プロデューサー/作曲家/DJなど様々なスタイルで充実した活動を続けるMdCLことマーク・ド・クライヴ-ロウが来日。イギリスを拠点に活動する彼は日本とも縁が深く、今回はsonihouseで滞在制作をしながら、サウンドワークショップとライブパフォーマンスを開催。5/3の演奏会は、ゲストとして奈良出身の尺八奏者・日本芸能史家の薮内洋介を迎え、国や時代を超えた新たな試みを行います。

Details »

2018/5/5-6 内田輝 調律を通した音のワークショップ&演奏会「聴く」からはじまる

紀元前5世紀、ピュタゴラスが発見した「音の法則」。この偶然的発見から2500年ほど経て、私たちはピアノに触れています。彼らはどんな響きを体感していたのでしょうか?

Details »

2018/3/31 sat. Ezekiel Honig Live@sonihouse

NYのレーベルAnticipate Recordingsの元オーナーでもあり、アーティストのEzekiel Honigが来日。切望の日本公演を関西限定で開催します。会場は3/25きんせ旅館(京都)、3/31のsonihouseのみ。どうぞお見逃しなく!

Details »

2018/3/12 mon. Christoph Berg / Chihei Hatakeyama Live@sonihouse

寒さも緩み、日ごとに春を感じる3月の夜、ドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Christoph BergとChihei Hatakeyamaを招きます。

Details »

2018/2/24 sat. Lee Noble 2018 Japan Tour@sonihouse

2018年最初のライブは2/24(土)、ロサンゼルスの音楽家・アーティストLee Nobleと、京都で活動する若き奇才、小松千倫を迎えます。

Details »

2017/11/26 sun. 家宴 vol.21「1√2 白銀比」@sonihouse

音楽と食の集い「家宴-IEUTAGE-」21回目は、音楽家 林正樹と料理家 小桧山聡子(山フーズ)を招きます。

Details »

2017/11/22 wed. 12k Japan 2017@sonihouse

11/22(水)、エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kより、テイラー・デュプリー、マーカス・フィッシャー、コリー・フラー(ILLUHA)を招きます。

Details »

2017/10/18 wed. Void Of Sound 2017 Japan Tour@sonihouse

10/18(水)、ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト「Void Of Sound」を迎えます。

Details »

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »