2015/9/9日-10/18 NEW INCUBATION 7 『パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか』@京都芸術センター

Print

9月9日から10月18日まで、京都芸術センターにて開催される」。パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか』一部作品の中で、原摩利彦さんが楽曲提供、sonihouseのスピーカーを使用していただいております。

これまでコンタクト・ゴンゾとステラーク、堀尾貞治と冬木遼太郎など、若手作家とベテラン作家
が出会うことで、現代美術が抱えている問題や、アートが社会に対してできることを模索してきたNEW INCUBATION。
この展覧会は、出展するアーティストにとっても、鑑賞者にとっても、刺激に富んだ挑戦の場と
なることを目指しています。
第7回を迎える今回は、『パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか』と題し、
近年目覚ましい活躍を見せる作家EUGENE KANGAWAと、日本での活動を広げつつある映像作家
PIERRE JEAN GILOUXによって構成。

作家2人のハイクオリティーな映像作品に、原摩利彦さんの楽曲が提供。
並びにsonihouseのスピーカーを使用していただき、音響設計のお手伝いをしております。
この機会にどうぞご覧ください。

http://www.kac.or.jp/events/16727/

………………………………………………………………………………………………………………

期間:
2015年9月9日 (水) – 2015年10月18日 (日)
10:00~20:00
※10月3日(土)は,ニュイ・ブランシュKYOTO2015のため22:00まで延長開廊

開場:
京都芸術センター ギャラリー北・南

主催:
京都芸術センター

料金:
無料

協力:
アンスティチュ・フランセ関西,ヴィラ九条山

URL:
ニュイ・ブランシュ KYOTO 2015 公式サイト
http://www.nuitblanche.jp/

問合せ先:
京都芸術センター
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
E-mail:info@kac.or.jp

Eugene Kangawa(カンガワ ユウジン)

1989年、アメリカ生まれの現代アーティスト/映像作家。デザインを専攻後、リサーチをベースに
スクリプトや設定に重点を置いたフィルム・インスタレーションなどを手がけ、
特に実写映像やファウンド・フッテージを用いた美しくもミニマルな表現は気鋭の若手作家として高い評価を受け、
2013 年にはサーペンタインギャラリー(ロンドン)のプロジェクトに参加。
また、2011 年より手がけた二つの作品 《from the future》(2011 -) と《After the War》(2011-) が,
世界的な音楽家であるTerry Rileyの共感を呼び協業を行う(2014,東京)。
また同時にKANGAWAは、都市計画や特許研究・人工知能や教育の研究などに携わるなど、
そのダイナミックな活動が新たなアーティストとして世界的な注目を集めている。
これらの活動はすべて、アーティストにとっては映像作品と並列のコンセプチュアルな作品であり、
KANGAWAを擁するON(株式会社オブジェクト・オブ・ヌル)も、
彼の活動を最大化する組織として様々な領域から評価を受けている。

http://eugene-kangawa.com/ 
http://supervision-project.com/
http://o-n-inc.com/

Pierre Jean Giloux(ピエール=ジャン・ジルー)

アーティスト・映画監督のピエール=ジャン・ジルーはリヨン国立美術学院で学んだ後、
チェルトナム美術大学(イギリス)とマルセイユ=リュミニー美術学院で学ぶ。
当初は写真作品を中心に制作していたが、現在では映像作品を主に制作している。
ピエール=ジャンの作品は、新しいテクノロジーに関するリサーチの結果として発表される。
特に、写真、映像、CG の間の関連性や混成形に関心があり、美術や建築の文脈を参照しながら、
ポップ・カルチャーやマスメディアの情報をつなぎ合わせた独自の言語をつくりだす。
なかでも5 つの短編映像により構成されるシリーズ“Commercial Fragmentations”(2009年)は高く評価されている。
最近では、“BEYOND THE SOUND” 展(2015年 香港)、“Wabi Sabi Shima” 展(2015年 ブリュッセル)に出品。
日本では『黄金町バザール2013』(2013年 横浜),『No Man’s Land』展(2010年 東京)に参加。
インスタレーションや映像作品をポンピドゥー・センター(パリ)、MAC/VAL(ヴィトリー=シュル=セーヌ,フランス)、
バス・ノルマンディー地方現代アートセンター(カーン,フランス)、
イヴリー現代アートセンター[CREDAC](イヴリー=シュル=セーヌ,フランス)ほか、
さまざまな国際的アートフェスティバルで発表している。

http://pierrejeangiloux.com/

A film by Pierre-Jean Giloux: A Solang Production Paris Brussels,
co-production S.O.I.L., Brussels
with the support of: CNC dicream, Arts Numériques CFWB, S.O.I.L., VAF.
2015年ヴィラ九条山レジデント

2018/9/1 sat. 『トニー・コンラッド:完全なる今』上映会 + ASUNAライヴ

数々の伝説的パフォーマンスを残し、2016年亡くなったトニー・コンラッド。その生涯を追ったドキュメンタリー映画『トニー・コンラッド:完全なる今』の関西初公開。ドローン・ミュージックの始祖のひとりとして記憶され、多岐にわたる活動で先鋭的な作品を創り続けたエクスペリメンタル・アーティスト。今回の上映には、今日のドローンアーティストの第一人者とも言えるASUNAが、欧州でのライブツアーの合間を縫って、上映に合わせたライブを披露します。

Details »

2018/9/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.22「時の質感」@sonihouse

「家宴-IEUTAGE-」とは、ライブのあとに出演者と観客が同じ食卓を囲む、音と食の家庭的おもてなしイベントのこと。私たちのスピーカーを介して、人々が集い、音楽に出会う場をつくりたい、との想いから2007年にスタートし、今回でvol.22を迎えます。

Details »

材料費上昇に伴う”sight”価格改定のお知らせ

14面体スピーカー”sight”の内部ネットワークパーツのグレードアップに伴い、不本意ではございますが製品価格を現行より改定させていただきたくご案内申し上げます。新規パーツの追加とコアパーツの高品位化によって、よりナチュラルでクリアな音質になりました。

Details »

2018/7/8 sun. Stefano Guzzetti Live「Ensemble」

昨年の春、sonihouseでライブを行ったイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiが再来日。今回は自身のピアノに、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者3人も加わった、ピアノ+ストリングス三重奏の4人による贅沢な演奏会です。気品溢れる艶やかなポスト・クラシカル・サウンドを是非。

Details »

sonihouseが名盤を選んでお届けする「SEASONS」はじまります

sonihouseが一年間に4回、季節に合わせたおすすめの音楽を紹介し販売するサービス「SEASONS」がはじまります。

Details »

2018/6/2 sat. 林正樹 演奏会「pendulum」

来たる6月、ピアニスト・林正樹が2015年作品「pendulum」を軸としたツアーを開催。6/2(土)に奈良公演が開かれます。sonihouseは6/1三重、6/3岐阜と全日程の音響も担当します。

Details »

2018/5/2-3 Mark de Clive-Lowe マーク・ド・クライブ・ロウ Sound workshop&Live

新世代のハービー・ハンコックと称され、あのジャイルス・ピーターソンも大絶賛する逸材、キーボーディスト/プロデューサー/作曲家/DJなど様々なスタイルで充実した活動を続けるMdCLことマーク・ド・クライヴ-ロウが来日。イギリスを拠点に活動する彼は日本とも縁が深く、今回はsonihouseで滞在制作をしながら、サウンドワークショップとライブパフォーマンスを開催。5/3の演奏会は、ゲストとして奈良出身の尺八奏者・日本芸能史家の薮内洋介を迎え、国や時代を超えた新たな試みを行います。

Details »

2018/5/5-6 内田輝 調律を通した音のワークショップ&演奏会「聴く」からはじまる

紀元前5世紀、ピュタゴラスが発見した「音の法則」。この偶然的発見から2500年ほど経て、私たちはピアノに触れています。彼らはどんな響きを体感していたのでしょうか?

Details »

2018/3/31 sat. Ezekiel Honig Live@sonihouse

NYのレーベルAnticipate Recordingsの元オーナーでもあり、アーティストのEzekiel Honigが来日。切望の日本公演を関西限定で開催します。会場は3/25きんせ旅館(京都)、3/31のsonihouseのみ。どうぞお見逃しなく!

Details »

2018/3/12 mon. Christoph Berg / Chihei Hatakeyama Live@sonihouse

寒さも緩み、日ごとに春を感じる3月の夜、ドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Christoph BergとChihei Hatakeyamaを招きます。

Details »

2018/2/24 sat. Lee Noble 2018 Japan Tour@sonihouse

2018年最初のライブは2/24(土)、ロサンゼルスの音楽家・アーティストLee Nobleと、京都で活動する若き奇才、小松千倫を迎えます。

Details »

2017/11/26 sun. 家宴 vol.21「1√2 白銀比」@sonihouse

音楽と食の集い「家宴-IEUTAGE-」21回目は、音楽家 林正樹と料理家 小桧山聡子(山フーズ)を招きます。

Details »

2017/11/22 wed. 12k Japan 2017@sonihouse

11/22(水)、エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kより、テイラー・デュプリー、マーカス・フィッシャー、コリー・フラー(ILLUHA)を招きます。

Details »

2017/10/18 wed. Void Of Sound 2017 Japan Tour@sonihouse

10/18(水)、ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト「Void Of Sound」を迎えます。

Details »

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »