-報告-【2014/9/5 第3回目】馬木の寺子屋 -真夏の親子課外授業-「聴く」ことにまつわる観察から創造へのワークショップ@[小豆島]馬木地区

「馬木の寺子屋-真夏の親子課外授業-」3日目は音楽家のTakujiさんをお迎えし、苗羽小学校2,3,4年生と一緒に、誰にでも備わっている最高の楽器「声」と身体を使ったワークショップを実施しました。グループに分かれ、世界中の部族・民衆特有のスキャットをオリジナルのメロディにのせて歌う、参加型コンサート「CIRCLE VOICE」を行い、全体を通して音と音楽への深い理解を促します。

この日の会場は体育館。ワークショップのメインはそれぞれの声と身体を使った内容で
それほどの音量が必要ないため、正面となる左右に一台ずつ”scenery”を配置しました。
体育館は音が響きすぎるのではと懸念しておりましたが、
二本のスピーカーで会場全体に十分に音が回りながらも、スッキリとした響きとなりました。

LITTLE CREATURESなどの活躍で知られるTakuji(青柳拓次)さん。
2010年に沖縄ヤンバルへ移住し、約3年間の準備期間を経て始動した新プロジェクトは、
世界中の部族や民族のメロディーをモチーフにした参加型コンサート「CIRCLE VOICE」というもの。
これまでの活動をミックスして進化させたものを目指し、各地でワークショップなどを開催されています。

まずは今回の「馬木の寺子屋-真夏の親子課外授業-」全体を企画担当する
dot architectsの家成さんがワークショップの趣旨を説明します。
これまで世界各地を旅し、色々な民族音楽や思想に触れてきたTakujiさんによる授業は
きっとこれまで学んできた「音楽」とは違うはず。

年齢、国籍、性別、思想、宗教は問わず、世界じゅうで共有できる「音楽」。
中でもスキャット(意味を持たない詞)は、誰でも簡単に口ずさめるシンプルなもの。
他の皆と共に自然に声を重ね合わせ、今日だけのハーモニーを響かせてみましょう。

まずは皆で手をつなぎ、大きな一つの円を作ります。
そして目を閉じ、ゆっくりと深呼吸。
鼻で息を吸い、口から息を出します。
たったそれだけの行為で気持ちが落ち着き、なんだか耳が開いていくように感じるのが不思議。

そのままの状態で、頭の中で「ありがとう」という伝えたい相手をイメージします。
お父さんお母さん、仲良しの友達、ペットの犬、自然の恵み・・・
各自目を閉じたまま、それぞれが想う相手に感謝の気持ちを唱えます。
手から手へ、お互いの声を感じあう平和な時間が流れます。

その後、自身が出せる一番小さな声で「あー」と発声してみます。
息から声になる瞬間、その際を行き来しながら、今まで意識したことのない「最小の声」に集中します。
続いて、自身が出せる一番大きな声で「えー」と発声してみます。
最初は周りを意識して、そこそこの声量しか出せずにいますが、
気恥ずかしさを捨てたとしても、想像したよりもずっと小さな音量しか出せないことに気付きます。
それが大きな会場だからか、自分の声が人の声に埋もれてしまうからか、
声も楽器と同じで、普段使っていないと出し方を忘れてしまうのかもしれません。

大きな声を出して気持ちも開放的になったところで、
今度は学年・男女をシャッフルして3つのグループに分かれます。

Aチームは右手でフィンガースナップ、左手で自分の胸を叩きながら
「ウ〜ワッハ、ウ〜ワ、ウ〜ワッハ、ウ〜ワ・・・」というスキャット。
Bチームは「ハレハレハレ、ハレハレハレ・・・」という声にに合わせて手をこすり合わせます。
Cチームは「タ〜ラ、タ〜ラ・・・」と音程を変えながらの足踏み。
それぞれが全身を使って自分のパートを覚えます。

どうしても隣のグループにつられてしまうので、1グループずつの練習。
ジェスチャーだけ、スキャットだけなら簡単なのに、それを合わせるとなかなか難しい。
合奏がスタートすると、他のグループにつられまいと、また競い合うように各自どんどん声が大きくなります。

そこにTakujiさんの歌声も加わり、いつの間にかしっかりとまとまった「音楽」に。
意味をもたない簡単な歌詞とリズムからハーモニーが生まれる瞬間、
また「音」が「音楽」に変わる瞬間を、参加しながら体感することができました。

実はこの後休憩を挟んだのですが、休憩中もまだスキャットを口ずさむ子どもたちがたくさんいました。
音楽の発祥を思わせる根源的なリズムとメロディは耳に残りやすく、
自分の身体で「音楽する」気持ちよさは誰にでも備わっているものなのだと実感した瞬間でした。

今度は男女に分かれ、女性が中、男性がそれを囲むように大きな円をつくります。
そして男女がそれぞれ違ったメロディを覚え、Takujiさんの伴奏に合わせて大合唱。
先ほどと違って、男女で分かれることでそれぞれのパートの声色が揃い、
男性の声は近くに、女性の声は遠くに、まるでレイヤーを作るかのように美しいハーモニーが生まれます。
どことなく男性には力強さ、女性には優しさを感じ、より人類の根源的な音楽の喜びに触れたような瞬間でした。

3日間に渡る、苗羽小学校の全学年を対象にしたワークショップはこの日で終了。
成長の著しいこの時期の子どもたちは学年によって反応も大きく違い、
また彼らの素直な態度は私たちにとっても刺激的で嬉しい体験となりました。

あらためまして、今回は地元小学校とご縁をつないでくださいました町長さん、小豆島市役所の皆様、
深いご理解とご協力をいただきました苗羽小学校の校長先生や担任の先生、
また関わっていただきました関係者のみなさま、本当にありがとうございました!

そして4日目へつづく・・・

2018/9/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.22「時の質感」@sonihouse

「家宴-IEUTAGE-」とは、ライブのあとに出演者と観客が同じ食卓を囲む、音と食の家庭的おもてなしイベントのこと。私たちのスピーカーを介して、人々が集い、音楽に出会う場をつくりたい、との想いから2007年にスタートし、今回でvol.22を迎えます。

Details »

材料費上昇に伴う”sight”価格改定のお知らせ

14面体スピーカー”sight”の内部ネットワークパーツのグレードアップに伴い、不本意ではございますが製品価格を現行より改定させていただきたくご案内申し上げます。新規パーツの追加とコアパーツの高品位化によって、よりナチュラルでクリアな音質になりました。

Details »

2018/7/8 sun. Stefano Guzzetti Live「Ensemble」

昨年の春、sonihouseでライブを行ったイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiが再来日。今回は自身のピアノに、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者3人も加わった、ピアノ+ストリングス三重奏の4人による贅沢な演奏会です。気品溢れる艶やかなポスト・クラシカル・サウンドを是非。

Details »

sonihouseが名盤を選んでお届けする「SEASONS」はじまります

sonihouseが一年間に4回、季節に合わせたおすすめの音楽を紹介し販売するサービス「SEASONS」がはじまります。

Details »

2018/6/2 sat. 林正樹 演奏会「pendulum」

来たる6月、ピアニスト・林正樹が2015年作品「pendulum」を軸としたツアーを開催。6/2(土)に奈良公演が開かれます。sonihouseは6/1三重、6/3岐阜と全日程の音響も担当します。

Details »

2018/5/2-3 Mark de Clive-Lowe マーク・ド・クライブ・ロウ Sound workshop&Live

新世代のハービー・ハンコックと称され、あのジャイルス・ピーターソンも大絶賛する逸材、キーボーディスト/プロデューサー/作曲家/DJなど様々なスタイルで充実した活動を続けるMdCLことマーク・ド・クライヴ-ロウが来日。イギリスを拠点に活動する彼は日本とも縁が深く、今回はsonihouseで滞在制作をしながら、サウンドワークショップとライブパフォーマンスを開催。5/3の演奏会は、ゲストとして奈良出身の尺八奏者・日本芸能史家の薮内洋介を迎え、国や時代を超えた新たな試みを行います。

Details »

2018/5/5-6 内田輝 調律を通した音のワークショップ&演奏会「聴く」からはじまる

紀元前5世紀、ピュタゴラスが発見した「音の法則」。この偶然的発見から2500年ほど経て、私たちはピアノに触れています。彼らはどんな響きを体感していたのでしょうか?

Details »

2018/3/31 sat. Ezekiel Honig Live@sonihouse

NYのレーベルAnticipate Recordingsの元オーナーでもあり、アーティストのEzekiel Honigが来日。切望の日本公演を関西限定で開催します。会場は3/25きんせ旅館(京都)、3/31のsonihouseのみ。どうぞお見逃しなく!

Details »

2018/3/12 mon. Christoph Berg / Chihei Hatakeyama Live@sonihouse

寒さも緩み、日ごとに春を感じる3月の夜、ドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Christoph BergとChihei Hatakeyamaを招きます。

Details »

2018/2/24 sat. Lee Noble 2018 Japan Tour@sonihouse

2018年最初のライブは2/24(土)、ロサンゼルスの音楽家・アーティストLee Nobleと、京都で活動する若き奇才、小松千倫を迎えます。

Details »

2017/11/26 sun. 家宴 vol.21「1√2 白銀比」@sonihouse

音楽と食の集い「家宴-IEUTAGE-」21回目は、音楽家 林正樹と料理家 小桧山聡子(山フーズ)を招きます。

Details »

2017/11/22 wed. 12k Japan 2017@sonihouse

11/22(水)、エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kより、テイラー・デュプリー、マーカス・フィッシャー、コリー・フラー(ILLUHA)を招きます。

Details »

2017/10/18 wed. Void Of Sound 2017 Japan Tour@sonihouse

10/18(水)、ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト「Void Of Sound」を迎えます。

Details »

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »

2017/4/8 sat. Tomasz Betka / Tatsuro Yokoyama Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第一弾はポーランドのピアニスト、Tomasz Betkaと横山起朗を迎えます。

Details »