-報告-2014/8/30 音のある芸術祭2014「アートキャンプあみの」evala、鈴木昭男、sonihouseによるサウンドパフォーマンス@[京丹後市]守源旅館

soundpocketが主催する、国内外で活躍するアーティストと香港の若手アーティストがフィールドミュージアムを展開する「音のある芸術祭」。第3回目を迎える今回は、香港と京都京丹後市網野町の二か所での開催となり、sonihouseはサウンドアーティストの鈴木昭男さん、evalaさんとともに滞在制作に参加し、8/30(土)のサウンドパフォーマンスで音響を担当いたしました。

今回の会場は、大正末期からの時の流れがしみこんだ趣のある守源旅館。
こちらの2階にある45畳の大広間に6台の12面体スピーカー”scenery”と2台のサブウーハーをセットしました。

通常のライブであれば会場内に全てのスピーカーをセットしますが、
今回はマルチチャンネルで再生されるevalaさんの音と、昭男さんが演奏する生音の境界がなくなるようなパフォーマンスのため、
観客がスピーカーを意識することのないよう、会場内に2台、廊下に3台、奥の障子の中に1台を配置しました。

会場入りしてから本番までの丸三日、会場は時間に関わらず自由に音出しOKという好条件で、
じっくりと制作とリハーサルを進めることができました。
evalaさんはマルチチャンネル作品のため、会場の中央で音の聴こえ方を確かめながら作業を進めます。

私たちも、本番はどのくらいの人数が入るのか、それによりどの程度吸音されるのか、
またPAブースが廊下にあるため、会場内での聴こえ方をイメージしながら音のバランスを調整していきます。
時間がたっぷりとあったおかげで、evalaさんとじっくりと擦り合せながら感覚をつかむことができました。

ライブ当日、evalaさんもPAブースの隣に移動し、最終の音調整を進めていきます。
本番では障子を全て閉め、evalaさんの姿は見えないのですが、どこからともなく聴こえる電子音、
また同時に昭男さんが楽器を演奏しながら会場内を歩くことで不思議な音場に包まれます。

障子を閉めた状態でevalaさんの音源を流し、全員で移動しながら音の響きをチェックします。
マルチチャンネルでの再生のため、聴く位置によって聴こえ方も違います。

昭男さんはevalaさんの音と空間の空気の動きを確かめるように、ゆっくりとあたりを歩きます。
この間、不思議なことに昭男さんは楽器をもってその音を確かめることは一切なく、
ただ耳を澄ませて集中している様子でした。

evalaさんと昭男さんのコラボレーションは、お互いに事前に決めたことは何もなく、
ただ、そのとき、その場所でどういったものが生まれるかわからない、
まさにサイトスペシフィックなものでした。

昭男さんが空間の音を確かめているうち、開場の時刻となり
少しずつお客さんが集まってきました。
あたりは静かで、すでに何かのパフォーマンスが始まっているような空気が流れます。

マルチチャンネルの作品なので会場にステージはなく、前後左右が決まっていません。
お好きな場所にどうぞ、とのアナウンスで案内されたお客さんは
自然と壁際に沿うように座っていきます。

だんだんと日が暮れ、開演前のお客さんのささやき声が響く中
様々な日用品や小物などがたくさん入ったバケツをもった昭男さんが
少しずつ音を出し始めました。
金属製の定規をカタカタと揺らす音が一定に響き出し、
徐々に観客がその音を拾おうと集中し始めます。

観客の耳が開き始めたタイミングで、evalaさんの音も聴こえだし
ざわめきから開演までが自然につながるようにライブがスタート。
evalaさんの電子音は自然音のようにも聴こえ、昭男さんの出す生音と、また会場周辺の環境音とが混ざり合い
全ての境界がなくなるような音場が広がります。

マルチチャンネルで立体的に再生された電子音、たまに耳元で聴こえる生音、遠くで聴こえる鳥の声、
目を閉じて瞑想に近い状態で聴き入ります。
2時間弱のライブであたりはすっかり暗くなり、最終的には会場内は真っ暗に。
街灯の光で障子の外だけがぼんやりと明るく浮かび上がり、素晴らしく幻想的な時間となりました。

まさにこの場所、この時間にしかなし得ない貴重なライブとなりました。
今回の滞在では、ここ守源旅館をはじめ、地元の方の素敵なおもてなしなどもいただき、
網野の方達の協力的な姿勢に驚くばかりでした。
こればかりはここを拠点にご活躍されている鈴木昭男さんと宮北裕美さんの人徳だなぁ、と実感した次第です。

お越しいただきました皆様、またご一緒した香港のアーティストやスタッフ、地元網野の皆さん、
本当にありがとうございました!

***
また、今回の「音のある芸術祭2014」の様子が香港のフリーマガジンに紹介され、
その中でsonihouseも取りあげていただきました。
香港の皆さまと、またご一緒できる日を楽しみにしております!

2018/9/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.22「時の質感」@sonihouse

「家宴-IEUTAGE-」とは、ライブのあとに出演者と観客が同じ食卓を囲む、音と食の家庭的おもてなしイベントのこと。私たちのスピーカーを介して、人々が集い、音楽に出会う場をつくりたい、との想いから2007年にスタートし、今回でvol.22を迎えます。

Details »

材料費上昇に伴う”sight”価格改定のお知らせ

14面体スピーカー”sight”の内部ネットワークパーツのグレードアップに伴い、不本意ではございますが製品価格を現行より改定させていただきたくご案内申し上げます。新規パーツの追加とコアパーツの高品位化によって、よりナチュラルでクリアな音質になりました。

Details »

2018/7/8 sun. Stefano Guzzetti Live「Ensemble」

昨年の春、sonihouseでライブを行ったイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiが再来日。今回は自身のピアノに、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者3人も加わった、ピアノ+ストリングス三重奏の4人による贅沢な演奏会です。気品溢れる艶やかなポスト・クラシカル・サウンドを是非。

Details »

sonihouseが名盤を選んでお届けする「SEASONS」はじまります

sonihouseが一年間に4回、季節に合わせたおすすめの音楽を紹介し販売するサービス「SEASONS」がはじまります。

Details »

2018/6/2 sat. 林正樹 演奏会「pendulum」

来たる6月、ピアニスト・林正樹が2015年作品「pendulum」を軸としたツアーを開催。6/2(土)に奈良公演が開かれます。sonihouseは6/1三重、6/3岐阜と全日程の音響も担当します。

Details »

2018/5/2-3 Mark de Clive-Lowe マーク・ド・クライブ・ロウ Sound workshop&Live

新世代のハービー・ハンコックと称され、あのジャイルス・ピーターソンも大絶賛する逸材、キーボーディスト/プロデューサー/作曲家/DJなど様々なスタイルで充実した活動を続けるMdCLことマーク・ド・クライヴ-ロウが来日。イギリスを拠点に活動する彼は日本とも縁が深く、今回はsonihouseで滞在制作をしながら、サウンドワークショップとライブパフォーマンスを開催。5/3の演奏会は、ゲストとして奈良出身の尺八奏者・日本芸能史家の薮内洋介を迎え、国や時代を超えた新たな試みを行います。

Details »

2018/5/5-6 内田輝 調律を通した音のワークショップ&演奏会「聴く」からはじまる

紀元前5世紀、ピュタゴラスが発見した「音の法則」。この偶然的発見から2500年ほど経て、私たちはピアノに触れています。彼らはどんな響きを体感していたのでしょうか?

Details »

2018/3/31 sat. Ezekiel Honig Live@sonihouse

NYのレーベルAnticipate Recordingsの元オーナーでもあり、アーティストのEzekiel Honigが来日。切望の日本公演を関西限定で開催します。会場は3/25きんせ旅館(京都)、3/31のsonihouseのみ。どうぞお見逃しなく!

Details »

2018/3/12 mon. Christoph Berg / Chihei Hatakeyama Live@sonihouse

寒さも緩み、日ごとに春を感じる3月の夜、ドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Christoph BergとChihei Hatakeyamaを招きます。

Details »

2018/2/24 sat. Lee Noble 2018 Japan Tour@sonihouse

2018年最初のライブは2/24(土)、ロサンゼルスの音楽家・アーティストLee Nobleと、京都で活動する若き奇才、小松千倫を迎えます。

Details »

2017/11/26 sun. 家宴 vol.21「1√2 白銀比」@sonihouse

音楽と食の集い「家宴-IEUTAGE-」21回目は、音楽家 林正樹と料理家 小桧山聡子(山フーズ)を招きます。

Details »

2017/11/22 wed. 12k Japan 2017@sonihouse

11/22(水)、エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kより、テイラー・デュプリー、マーカス・フィッシャー、コリー・フラー(ILLUHA)を招きます。

Details »

2017/10/18 wed. Void Of Sound 2017 Japan Tour@sonihouse

10/18(水)、ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト「Void Of Sound」を迎えます。

Details »

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »

2017/4/8 sat. Tomasz Betka / Tatsuro Yokoyama Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第一弾はポーランドのピアニスト、Tomasz Betkaと横山起朗を迎えます。

Details »