-報告- スピーカー・ワークショップ@プロジェクトルームift

今回のワークショップでは、
「ぼくなりの音楽の聴き方」
を紹介しました。
と言っても、特殊な聴き方でも何でもなく、
ただ「その音楽の情景を想像しながら聴く」
という、ごく一般的な聴き方を
改めて意識してみることを提案しました。

iftは長屋をセルフ・リノベーションした空間です。
玄関から一番奥までぶち抜きでワンフロアとしています。
だいたい14畳くらいの広さでしょうか。
そこにの写真の通り、スピーカーを台代わりの椅子に簡易的なセッティングをしました。

まず一曲目は
alva noto+ryuichi sakamoto
“insen”

生楽器であるピアノの音色と、電子音との対比に意識を集中します。

12面体スピーカー開発の動機になった
「電子音が、無指向性スピーカーのような自然に近い発音の仕方から
発せられることによってアコースティックな音の響きとして再び認識することができるか?」
というのを実際に聴いてもらおうという意図です。

ピアノの骨格感のある圧倒的な音の存在感。
それと比べればやはり電子音には実在感を感じられない。
しかし、電子音の音量・音圧を自在にコントロールできるという特性から
ピアノの実在感と対等に張り合えるデザインされた音の存在感を
持つことができる。
というような感想をみんなで話し合いました。

2曲目
Mono Fontana
“CIRUELO”
http://www.x-rec.com/SHOP/SPE-1261.html

時間、昼/夜あるいは季節をも違う音。
そして場所、野外/室内。あるいはマイクで録った音、ラインで録った音。
そんなバラバラのシチュエーションで録られた音が
一つの曲の中でバランス取り合い、せめぎ合う音楽。
聴く方も、その一つ一つの音を仔細に注意深く観察しながらも
また全体としての音楽も感じつつ聴いてみる、
ということを意識して聴いてもらいました。

3曲目
Nikolaus Harnoncourt指揮
Hendel
“MESSIAH”

バロック時代の音楽を古楽器を使って再現しようとした演奏です。
これが演奏されている広大なホールの大きさを感じながら、
またオーケストラのそれぞれの楽器の音色の違いを意識して聴いてもらいました。

ハープシコードの繊細できらめくような澄んだ音色の魅力に初めて気付いたという感想がありました。
厚みのあるテナーの男性の声も印象的でした。

4曲目
Dino Saluzzi
Rosamunde Quartett

バンドネオン奏者であるディノ・サルーシと室内楽団の組み合わせ。
ECMというレーベルの独特の空気感を感じてもらいつつ、
これも録音場所がどれくらいの広さかを意識しながら聴いてもらいました。

音が重なって音圧が上がっていく様は圧倒的な印象がありますが、
その反動か、弱音での音の響きの広がりががかえって空間の広大さを感じさせます。

5曲目
Miles Davis
“Kind of Blue”

言わずと知れたJazzの名盤中の名盤。
ここでは、天井の高い録音スタジオを想像しながも
プレーヤーの顔を思い浮かべてもらいました。
カッコつけた顔、緊張感をみなぎらせた顔、陶酔しきった顔、
少し微笑んだ顔など・・・。
こういう聴き方をすると約8分の曲もアッという間に終わってしまいます。

6曲目
Bill Evans Trio
“Portrait In Jazz”

これもまたJazzの名盤中の名盤。
このタイトルの意味を考えながら、
ビル・エバンスの「枯葉」での演奏を聴くとなぜか涙が出てきます。

7曲目
Bill Evans
Jim Hall
“Undercurrent”

またまたJazzの名盤中の名盤。
“My Funny Valentine”での緊張感みなぎる
スリリングな演奏の情景を思い浮かべながら
聴いてもらいました。

8曲目
Town And Country
“Town And Country”
http://ontonson.com/index.php?main_page=product_music_info&products_id=1304
シンプルな器楽曲。
使われる楽器の数は少ないですが、
それぞれの楽器の音色が表情豊かで、
音数も少ないのに、
密度の濃い演奏が静かな興奮を誘います。
それぞれの楽器の形の大きさや
左右前後の楽器の配置関係を意識しながら聴いてもらいました。

ここまでで、あっという間に予定の時間になり、
急いで今日のもう一つのテーマである
「スピーカーの違いで音楽の聴こえ方が変わるのか」
をこの8曲目で実験することになりました。


scenery(左)で聴いた後、view(右)で8曲目をもう一度聴いてもらいました。

ちなみにセッティング途中、viewのデザインについて、
女性参加者から「かわいい」という声が上がったのが嬉しかったですね。

聴いていただく皆さんがどれほどの違いを感じられるのか、
もしかしたら「全然変わらない」という感想もあるかな?とも思いましたが、
結果的には「全然違いますね!」と試聴後すぐに反応がありました。

特に生の楽器や人の声の実在感に違いが出やすいのではないかと思っています。
その違いはまさにそれぞれのスピーカーに付けた名前にも表しています。
sceneryとは「風景」という意味です。
音楽の、その演奏された様子がそのままそこに風景のようにある。
そして聴く側もその中にいるという感覚。

そしてviewは「眺め」という意味です。
窓からの眺めのように、ある枠の中で、そしてその中と外のように
ある客観性を持って音楽に接することができる。

そんな違いがあるのではないかと考え、
それぞれのスピーカーに名前を付けています。

2つのスピーカーの違いは、良し悪しの違いではなく、
聴く側一人一人が音楽とどう接したいのか、
また聴かれる音楽自体がどちらかを求める場合もあります。

どちらにしても音楽に接する時に
BGMとして聞き流していたものを
たまには音楽の情景までを想像しながら聴くということが
音楽を今よりももっと楽しむための一つの方法だと考えています。

と、
ここまでで僕のワークショップは終了したのですが、
この後、mamoruくんのパフォーマンスが行われました。

mamoruくんのワークショップの報告
こちらでどうぞ!
http://blog.livedoor.jp/soundartist77/archives/51512989.html

2018/9/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.22「時の質感」@sonihouse

「家宴-IEUTAGE-」とは、ライブのあとに出演者と観客が同じ食卓を囲む、音と食の家庭的おもてなしイベントのこと。私たちのスピーカーを介して、人々が集い、音楽に出会う場をつくりたい、との想いから2007年にスタートし、今回でvol.22を迎えます。

Details »

材料費上昇に伴う”sight”価格改定のお知らせ

14面体スピーカー”sight”の内部ネットワークパーツのグレードアップに伴い、不本意ではございますが製品価格を現行より改定させていただきたくご案内申し上げます。新規パーツの追加とコアパーツの高品位化によって、よりナチュラルでクリアな音質になりました。

Details »

2018/7/8 sun. Stefano Guzzetti Live「Ensemble」

昨年の春、sonihouseでライブを行ったイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiが再来日。今回は自身のピアノに、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者3人も加わった、ピアノ+ストリングス三重奏の4人による贅沢な演奏会です。気品溢れる艶やかなポスト・クラシカル・サウンドを是非。

Details »

sonihouseが名盤を選んでお届けする「SEASONS」はじまります

sonihouseが一年間に4回、季節に合わせたおすすめの音楽を紹介し販売するサービス「SEASONS」がはじまります。

Details »

2018/6/2 sat. 林正樹 演奏会「pendulum」

来たる6月、ピアニスト・林正樹が2015年作品「pendulum」を軸としたツアーを開催。6/2(土)に奈良公演が開かれます。sonihouseは6/1三重、6/3岐阜と全日程の音響も担当します。

Details »

2018/5/2-3 Mark de Clive-Lowe マーク・ド・クライブ・ロウ Sound workshop&Live

新世代のハービー・ハンコックと称され、あのジャイルス・ピーターソンも大絶賛する逸材、キーボーディスト/プロデューサー/作曲家/DJなど様々なスタイルで充実した活動を続けるMdCLことマーク・ド・クライヴ-ロウが来日。イギリスを拠点に活動する彼は日本とも縁が深く、今回はsonihouseで滞在制作をしながら、サウンドワークショップとライブパフォーマンスを開催。5/3の演奏会は、ゲストとして奈良出身の尺八奏者・日本芸能史家の薮内洋介を迎え、国や時代を超えた新たな試みを行います。

Details »

2018/5/5-6 内田輝 調律を通した音のワークショップ&演奏会「聴く」からはじまる

紀元前5世紀、ピュタゴラスが発見した「音の法則」。この偶然的発見から2500年ほど経て、私たちはピアノに触れています。彼らはどんな響きを体感していたのでしょうか?

Details »

2018/3/31 sat. Ezekiel Honig Live@sonihouse

NYのレーベルAnticipate Recordingsの元オーナーでもあり、アーティストのEzekiel Honigが来日。切望の日本公演を関西限定で開催します。会場は3/25きんせ旅館(京都)、3/31のsonihouseのみ。どうぞお見逃しなく!

Details »

2018/3/12 mon. Christoph Berg / Chihei Hatakeyama Live@sonihouse

寒さも緩み、日ごとに春を感じる3月の夜、ドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Christoph BergとChihei Hatakeyamaを招きます。

Details »

2018/2/24 sat. Lee Noble 2018 Japan Tour@sonihouse

2018年最初のライブは2/24(土)、ロサンゼルスの音楽家・アーティストLee Nobleと、京都で活動する若き奇才、小松千倫を迎えます。

Details »

2017/11/26 sun. 家宴 vol.21「1√2 白銀比」@sonihouse

音楽と食の集い「家宴-IEUTAGE-」21回目は、音楽家 林正樹と料理家 小桧山聡子(山フーズ)を招きます。

Details »

2017/11/22 wed. 12k Japan 2017@sonihouse

11/22(水)、エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kより、テイラー・デュプリー、マーカス・フィッシャー、コリー・フラー(ILLUHA)を招きます。

Details »

2017/10/18 wed. Void Of Sound 2017 Japan Tour@sonihouse

10/18(水)、ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト「Void Of Sound」を迎えます。

Details »

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »

2017/4/8 sat. Tomasz Betka / Tatsuro Yokoyama Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第一弾はポーランドのピアニスト、Tomasz Betkaと横山起朗を迎えます。

Details »