-報告- 3/5,6 「おちゃかい? -音を愛でる-」@大山崎山荘美術館 茶室

大山崎山荘美術館 茶室で行われた
「おちゃかい? -音を愛でる-」と題したレクチャーは
2日間とも定員の15名を超える参加者にお集まりいただき、
楽しい(?)音響の世界を垣間見ていただきました。
当日のその様子を少しご紹介します。

さて、当日は気持ちの良い晴天に恵まれたものの、
京都大山崎の底冷えが沁みる寒い一日でした。

山荘の庭園の中、小高い丘の上にひっそりと
趣良く佇む素晴らしいお茶室です。

さすがお茶室。室内の陰影も美しいです。
この空間を味わえたことだけでも満足ですね。

立礼式のお茶室ですので、石畳の床に炉が切られています。
一段上がった畳の上にスタンドを使って12面体スピーカー”scenery”を設置しました。
プリメインアンプ+CDプレーヤーに使ったのは、LINNのClassikです。
今回のレクチャーでは音楽の音色だけではなく、音の手触りである「音触」まで感じてもらえるようにと
設置には少し工夫(オーディオマニア的に)しました。
室内の広さもそして雰囲気も、グッと集中して音楽を聴くのに最適な空間ですね。

床の間に見えるのは、今回のレクチャーの為に手に入れたと噂される
名器 Thorens TD-124 Mk2 + SME3009 S2 Improvedです。
お茶室の床の間にぴったりですね。(意味不明)
そんな呪文のような型番の有難さを理解できるマニアな方は今回の参加者にはいなかったようです。

いよいよ、ナビゲータの現代美術作家の小山田徹さんにより
和やかに会は始まりました。

まずは今回の主役、12面体スピーカー”scenery”の特徴を解説中です。

そして、僕なりの「音の愛で方」ということで、普段の意識的な音楽の聴き方をご紹介しました。
2部構成とし、Part,1を「音として音楽を捉える」と題して
音楽を感情として捉える聴き方ではなく、音そのものの集合として捉えることを意識して
聴いていただきました。

1,rechenzentrum “Director’s Cut”

2,砂原良徳 “SUBLIMINAL”

3,SND “Atavism”

4,J.S.バッハ “平均律クラヴィーア曲集第1巻Ⅰ”
-グスタフ・レオンハルト<チェンバロ>

5,Telefon Tel Aviv “Fahrenheit Fair Enough”

6,Cornelius “Sensuous”

7,マーラー “交響曲第5番”
-エリアフ・インバル<指揮> フランクフルト放送交響曲楽団

Part,2は、「空間の音を聴く」と題し、音楽から再現される空間を感じながら聴いていただきました。
具体的な空間の広さを感じながらも、現場そのものの空気感や、その場のドラマを想像しながら聴くというものです。

1,ヘンデル ”オルガン協奏曲全集 第1巻”
ルドルフ・エヴァーハルト<オルガン>,ラインハルト・ペータース<指揮>,コレギウム・アウレウム合奏団

2,パリ・ノートルダム楽派の音楽とランス大聖堂の音楽
テラー・コンソート・ロンドン,コレギウム・アウレウム合奏団

3,カーメン・マクレエ,デイブ・ブルーベック”TAKE FIVE”

4, マイルス・デイビス ”Kind Of Blue”

5,ジョアン・ジルベルト ”in Tokyo”

6,Town & Country “Town & Country”

7,J.S.バッハ ”マタイ受難曲”
ニコラス・アーノンクール<指揮> ウィーン・コンツェンツゥス・ムジクス

音楽を彫刻作品として楽しむことや、短い音の変化をとても細かく聴き取ること。
電子音とアコースティックな音の差異を意識すること。
あるいはライブ会場の観客のざわめきだけに意識を集中して聴くこと。
録音スタジオの室温を感じることやプレーヤーの緊張具合まで感じること…など。
参加者の皆さん、終始とても集中して音楽を聴いて下さいました。

なかなかこのような音楽の聴き方を普段意識することはないと思いますので、
皆さんとても新鮮な体験だったのではないでしょうか。

“scenery”という単語の意味である、「風景」・「景色」・「背景」を、それぞれの音楽で
感じて頂けたのではないかと思います。

2018/9/15 sat. 家宴-IEUTAGE-vol.22「時の質感」@sonihouse

「家宴-IEUTAGE-」とは、ライブのあとに出演者と観客が同じ食卓を囲む、音と食の家庭的おもてなしイベントのこと。私たちのスピーカーを介して、人々が集い、音楽に出会う場をつくりたい、との想いから2007年にスタートし、今回でvol.22を迎えます。

Details »

材料費上昇に伴う”sight”価格改定のお知らせ

14面体スピーカー”sight”の内部ネットワークパーツのグレードアップに伴い、不本意ではございますが製品価格を現行より改定させていただきたくご案内申し上げます。新規パーツの追加とコアパーツの高品位化によって、よりナチュラルでクリアな音質になりました。

Details »

2018/7/8 sun. Stefano Guzzetti Live「Ensemble」

昨年の春、sonihouseでライブを行ったイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiが再来日。今回は自身のピアノに、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの奏者3人も加わった、ピアノ+ストリングス三重奏の4人による贅沢な演奏会です。気品溢れる艶やかなポスト・クラシカル・サウンドを是非。

Details »

sonihouseが名盤を選んでお届けする「SEASONS」はじまります

sonihouseが一年間に4回、季節に合わせたおすすめの音楽を紹介し販売するサービス「SEASONS」がはじまります。

Details »

2018/6/2 sat. 林正樹 演奏会「pendulum」

来たる6月、ピアニスト・林正樹が2015年作品「pendulum」を軸としたツアーを開催。6/2(土)に奈良公演が開かれます。sonihouseは6/1三重、6/3岐阜と全日程の音響も担当します。

Details »

2018/5/2-3 Mark de Clive-Lowe マーク・ド・クライブ・ロウ Sound workshop&Live

新世代のハービー・ハンコックと称され、あのジャイルス・ピーターソンも大絶賛する逸材、キーボーディスト/プロデューサー/作曲家/DJなど様々なスタイルで充実した活動を続けるMdCLことマーク・ド・クライヴ-ロウが来日。イギリスを拠点に活動する彼は日本とも縁が深く、今回はsonihouseで滞在制作をしながら、サウンドワークショップとライブパフォーマンスを開催。5/3の演奏会は、ゲストとして奈良出身の尺八奏者・日本芸能史家の薮内洋介を迎え、国や時代を超えた新たな試みを行います。

Details »

2018/5/5-6 内田輝 調律を通した音のワークショップ&演奏会「聴く」からはじまる

紀元前5世紀、ピュタゴラスが発見した「音の法則」。この偶然的発見から2500年ほど経て、私たちはピアノに触れています。彼らはどんな響きを体感していたのでしょうか?

Details »

2018/3/31 sat. Ezekiel Honig Live@sonihouse

NYのレーベルAnticipate Recordingsの元オーナーでもあり、アーティストのEzekiel Honigが来日。切望の日本公演を関西限定で開催します。会場は3/25きんせ旅館(京都)、3/31のsonihouseのみ。どうぞお見逃しなく!

Details »

2018/3/12 mon. Christoph Berg / Chihei Hatakeyama Live@sonihouse

寒さも緩み、日ごとに春を感じる3月の夜、ドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Christoph BergとChihei Hatakeyamaを招きます。

Details »

2018/2/24 sat. Lee Noble 2018 Japan Tour@sonihouse

2018年最初のライブは2/24(土)、ロサンゼルスの音楽家・アーティストLee Nobleと、京都で活動する若き奇才、小松千倫を迎えます。

Details »

2017/11/26 sun. 家宴 vol.21「1√2 白銀比」@sonihouse

音楽と食の集い「家宴-IEUTAGE-」21回目は、音楽家 林正樹と料理家 小桧山聡子(山フーズ)を招きます。

Details »

2017/11/22 wed. 12k Japan 2017@sonihouse

11/22(水)、エクスペリメンタル/アンビエントミュージックシーンの最高峰レーベル12kより、テイラー・デュプリー、マーカス・フィッシャー、コリー・フラー(ILLUHA)を招きます。

Details »

2017/10/18 wed. Void Of Sound 2017 Japan Tour@sonihouse

10/18(水)、ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト「Void Of Sound」を迎えます。

Details »

2017/9/24 sun. 家宴 vol.20「おとと音楽とことば」@sonihouse

sonihouseの立ち上げとともにスタートした音楽と食の饗宴「家宴-IEUTAGE-」。記念すべきvol.20は、京都・長岡京室内アンサンブルのメンバーをお迎えし、初の生音による演奏会を行います。

Details »

2017/6/17 sat.-18 sun. 青葉市子とmama!milk「初夏の旅 奈良編」@sonihouse

※こちらのイベントは定員に達しました。現在キャンセル待ちのみのお受付となります。
sonihouseにて、初めての2DAYS公演。初夏に音楽家・青葉市子とmama!milkを招きます。

Details »

2017/3/27 新聞各社にsonihouse鶴林の記事が掲載されました。

3/26付の朝日新聞と読売新聞、3/27付の奈良新聞に、半年に渡って開発を進めていた吉野杉を使った14面体スピーカーの完成までの経緯や、家宴のことなど活動全般を丁寧にご紹介いただきました。

Details »

紀伊半島の求人サイト「Kii」にsonihouseの情報が掲載されました。

丁寧な取材を元に、読み応えのある文章でまとめてくださいました。求人情報だけでなく、sonihouseの成り立ちや日々の活動などが四週に渡って掲載されます。是非ご一読ください。

Details »

2017/4/23 sun. Erik K Skodvin / Christoph Berg Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第三弾はドイツ・ベルリンのレーベルSonic Piecesより、Erik K SkodvinとChristoph Bergを迎えます。

Details »

2017/4/17 mon. Stefano Guzzetti Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第二弾はイタリア・サルデーニャ島の作曲家/ピアニスト、Stefano Guzzettiを迎えます。

Details »

2017/4/8 sat. Tomasz Betka / Tatsuro Yokoyama Live@sonihouse

sonihouse春のライブ。第一弾はポーランドのピアニスト、Tomasz Betkaと横山起朗を迎えます。

Details »